ログイン

ORIGINAL PRODUCT ARCHIVES

INFOBAR C01

INFOBAR C01

待望のテンキー搭載
INFOBAR C01

待望のテンキーを搭載したINFOBARの登場です。 バータイプのフォルムとタイルキー、そして個性的な色の組み合わせ。代々受け継がれてきたINFOBARのエレメントは、デザインだけでなく、必然的な機能から生み出されています。握りやすい上に片手での操作を容易にするバータイプのフォルム。わずかな隙間を指が感じ分けることでブラインドタッチを可能にするタイルキー。電子機器の冷たさから離れ、装身具としての機能を有するカラフルなデザイン。タッチパネルによる操作とテンキーでの操作が融合することで、さらに使いやすく進化をとげました。

DNAを確実に受け継ぐデザイン

INFOBARと聞いて誰もが思い浮かべるカタチが、スマートフォンになってあざやかによみがえりました。プロダクトデザイナー深澤直人の手によって生まれたINFOBAR C01は、INFOBARの遺伝子がさらに色濃く反映されたプロダクトです。印象的に配置されたテンキーと、手にぴったりなじむ曲面のフォルム。そして、女性の小さな手にも心地よく収まる絶妙なサイズ感。すべての要素が調和し合って、均整のとれた美しいデザインを形作っています。コンパクトなボディに収められるのは、3.2インチFWVGAディスプレイ。あふれる情報を的確に表示するために開発されたiidaUIも、Webデザイナー中村勇吾の手によって、新たに再構成されました。余計なものを取り払い、シンプルに構成された背面のデザインも含め、どのアングルから見ても美しいボディラインを手に入れた新しINFOBAR。スマートフォンのデザインは画一化の一途をたどっています。そんな中、プロダクトとして明快に個性を放つC01は、手にするだけで、あなたの感性を表現するメディアとなりうるはずです。

DESIGNER

深澤直人

深澤直人プロダクトデザイナー

1956年生まれ
デザインの領域は、腕時計や携帯電話などの小型情報機器からコンピュータとその関連機器、家電、生活雑貨用品、家具、インテリアなど幅広い。 イタリア、ドイツ、フランス、スイス、北欧などのヨーロッパやアジアを代表するブランドのデザインを手掛ける。2007年 ロイヤルデザイナー・フォー・インダストリー(英国王室芸術協会)の称号を授与されるなど受賞歴多数。
2010/2011年グッドデザイン審査委員長。


FEATURES

さらに色あざやかになった3つの個性

伝統の2色と、新感覚の1色。INFOBAR C01に、3つの個性がそろいました。INFOBARといえば誰もが思い浮かべる、伝統を受け継ぐカラーNISHIKIGOIは、テンキーを再び手に入れたことで、独特のインパクトを一層際立たせています。さらに、もう1色。初代INFOBARで、男性から圧倒的な人気を誇ったモノトーンのICHIMATSUが、C01で再び登場。クールな色合いが、コンパクトなボディに美しく調和しています。それだけではありません。北欧のモダンなセンスを感じさせる上品なKIIROが新たに登場。3つのカラーが、まったく異なる個性を手に入れて、成長していく。そこが、INFOBARの面白いところです。

コンパクトボディに充実のスペック

INFOBAR C01には、スマートフォンの最新の機能が搭載されています。高速データ通信WIN HIGH SPEED*1に標準対応。グローバルパスポート*2はGSM/CDMAのデュアルローミングに対応し、世界約200*3の国と地域で通話することができます。さらに、ハイビジョン動画を撮影することができる、8メガのCMOSカメラを搭載。多彩な機能がコンパクトなボディに収められたC01の豊かな使い心地を、あなたも体験してください。

*1 受信最大9.2Mbps(送信最大5.5Mbps)対応エリアの場合です。ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。通信環境や混雑状況等により大幅に低下する場合があります。 *2 グローバルパスポートで国際ローミング中は、ご利用いただけないサービスがあります。詳細はauホームページ(https://au.com/)でご確認ください。 *3 2011年9月現在。


INTERFACE

滑らかに、より使いやすく洗練されたUI

INFOBARは、あなた自身を表現するスマートフォン。自由にカスタマイズすることで次々に表情を変える、革新的なインターフェイス「iidaUI」は、テンキーや3.2インチディスプレイといったINFOBAR C01のプロダクトデザインに呼応し、様々なユーザビリティの向上を図っています。その一つが、C01のために新たに開発された、ロック解除画面から即座にメールやカメラを起動できるインターフェイス。これまでiidaUIが備えていた「触れること自体の心地よさ」、そして「快感を伴うインターフェイス」という概念に磨きをかけることで、スムーズかつ実際的な使い勝手を手に入れた、新しいインターフェイス。それがC01におけるiidaUIです。

自由なカスタマイズ

多彩なアイコンやウィジェットが整然と並びながら、「情報の帯」を構成するiidaUIは、使い勝手や感覚に合わせて、思いのままにレイアウトを入れ替えることができます。また、背景のテーマを変更することで、世界観を一変させることも可能。カスタマイズするたび、新しい表情があなたの前に現れます。

使いたいアプリを即座に起動

INFOBAR C01は、メールやカメラなどよく使う機能を設定すると、ロック解除画面から直接アプリを起動させることができます。さらには、Home画面から即座に発信・着信履歴画面にアクセスも可能。使うほどに、あなたにとって最適なスマートフォンになっていく感覚を体感してください。

DESIGNER

中村勇吾

中村勇吾
ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター

1970年奈良県生まれ。東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学客員教授。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ「tha ltd.」を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDI iidaブランドのウェブサイト及びCM映像ディレクション、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなど。主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブアワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞など。

APPS

スマートフォンの楽しさは、幅広いジャンルのアプリを次々とダウンロードすることで無限に広がります。


  • Theme for iida UI

  • Weather

  • Facebook Check

  • Task Cleaner

  • iida.jp

UI GUIDE

ロック解除画面から、
タッチ操作でアプリをすばやく起動

◯◯にスライドするとロックが解除されます。
◯をショートカットにスライドすると、ショートカットが起動します。

ショートカットに、着信履歴、Eメール、SMS(Cメール)を設定した場合、不在着信、 新着受信があるとショートカットが赤く点滅します。

設定方法

MENU → 端末設定 → ロック解除画面設定 → ショートカット設定

※ショートカットは、着信履歴、発信履歴、Eメール、SMS(Cメール)、Camera、電話帳、Browserから選択が可能です。※ロック解除は必ず設定する必要があります。

ロック解除画面から、
テンキーでアプリをすばやく起動

キー押下ショートカットをONにするとキーでの操作も可能になります。

設定方法

MENU → 端末設定 → ロック解除画面設定 → キー押下ショートカット

※2キー、4キー、6キー、8キーに設定が可能です。

テンキーで文字入力もスムーズに

慣れ親しんだキー操作でスピーディに文字入力が可能。

端末カラーに合わせてキーボードのデザインも変更する事ができます。

設定方法

長押し → 各種設定 → 表示・レイアウトの設定 → キーボードイメージ

カメラもキー操作で便利に。

カメラを起動して、5キーを押すと操作ガイドが表示されます。

※カメラのキー操作は変更することができません

コンパクトボディーで電話の操作も容易に

着信時にキーで応答する事ができます。

設定方法

MENU → 通話設定 → 着信時キー動作設定 → 応答

※クイックサイレントを選択すると、電話着信音時に1キーを押すと呼び出し音が鳴らなくなります。

通話終了時も電源キーで通話を終了することができます。

設定方法

MENU → 通話設定 → 電源キーで通話を終了

Home画面からキー操作でクイック起動。

Home画面でキー長押しで設定したアプリを起動する事ができます。

設定方法

MENU→クイック起動

※ダウンロードしたアプリも含め、インストール済みのアプリすべてを設定することができます。

※*、0、#には設定する事ができません。(*:伝言メモ、0:検索、#:ライト)

電源ONもキー操作で。

電源キー以外に数字5キーで電源をONにすることができます。

※予め設定されており、変更することはできません。


SPECS

サイズ (幅×高さ×奥行)
約52×130×12.3 (最厚部:12.5)mm
重量
約106g
プラットフォーム
Android™ 2.3
CPU
MSM8655
メモリ
内蔵メモリ:約1.0GB (アプリ領域)
外部メモリ:32GB microSDHC™ / セキュア対応
ディスプレイ
約3.2inch・TFT液晶・FWVGA、約26万色
カメラ有効画素数
804万画素(CMOS)
カメラ最大記録サイズ
静止画:2448×3264(ドット)、動画:HDサイズ
バッテリー容量
1020mAh
充電時間
AC時:約150分、DC時: 約200分
連続通話時間
約370分
連続待受時間
Wi-Fi OFF、加速度センサOFF: 約350時間
Wi-Fi規格
IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth
バージョン3.0
外部接続
microUSB
付属品
電池パック◇
2GB microSDメモリーカード(試供品)
シャープmicroUSB-3.5φ変換ケーブル01
(◇印の商品は、オプションでも取り扱っています)
オプション
共通ACアダプター03
AC Adapter JUPITRIS
共通DCアダプター03
ポータブル充電器02
microUSBケーブル01
microUSBモノラルイヤホン01
microUSBステレオイヤホン変換アダプター01
平型-microUSB変換アダプター01
3.5φ-microUSB変換アダプター01
18芯-microUSB変換アダプター01

* EZwebサイトはご利用いただけません。 * 画面はイメージです。 * 本サイトに記載されている連続通話時間および連続待受時間は、au携帯電話の電波を安定した状態で十分に受けている場合の平均的な利用時間です。実際にご利用になる地域や使用状況などにより、短くなります。また、通話と待受を組み合わせると、それぞれの利用時間は短くなります。連続通話時間および連続待受時間は、本サイト作成時であり、KDDIグループ各社のシステムの仕様変更等により、予告なく変更される場合があります。 * 海外ご使用時の連続通話時間・連続待受時間についてはauホームページをご覧ください。 * 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。 * 「Bluetooth®」は、Bluetooth SIG, Inc.USAの登録商標です。 * 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。 * 「おサイフケータイ」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。 * FeliCaは、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。 * FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。 * FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。 * 「microSD™」「microSDHC™」は、SD Card Associationの商標です。 * その他本サイトに掲載の商品および機能等の名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。

COLOR VARIATION

  • NISHIKIGOI

  • ICHIMATSU

  • KIIRO

GALLERY

ログインすると、ポイントやお知らせの内容が確認できます。

ログイン

閉じる

お客様情報