ずっと、もっと、つなぐぞ。au #ハタチが未来をつなぐぞ

  • NEW

    2022.03.25

    「田中輝登」×「桂枝之進」×「大黒愛美」の鼎談記事を公開!

#ハタチが
未来をつなぐぞ

「ずっと、もっと、つなぐぞ。au」と
2022年に新成人を迎えた
パフォーマー20人がコラボ!

5Gサービスとパフォーマーの可能性、
そして未来を表現した動画をお楽しみください。

パフォーマー紹介

  1. ReiNa
    HIPHOP DANCE
    ReiNa
  2. RIKU
    ダブルダッチ
    RIKU
  3. Daikichi
    フリースタイルフットボール
    Daikichi
  4. BBOY KANTA
    BREAKING
    BBOY KANTA
  5. 大黒愛美
    バトントワリング
    大黒愛美
  6. 工藤渓涼
    BMX
    工藤渓涼
  7. Reiji
    Tricking
    Reiji
    from Tok¥o Tricking Mob
  8. Sora Aota
    グラフィックアート
    Sora Aota
  9. ハイスクール・バンバン
    アカペラ
    ハイスクール・バンバン
  10. 大西咲菜
    ダンススポーツ
    大西咲菜
  11. Tatsunoshin
    音楽プロデューサー
    Tatsunoshin
  12. Kohey
    ヒューマンビートボックス
    Kohey
  13. 田中輝登
    スラックライン
    田中輝登
  14. 中村文音
    コンテンポラリーダンス
    中村文音
  15. 平原颯馬
    サーフィン
    平原颯馬
  16. KOYUKI
    アコースティックギター
    KOYUKI
  17. 中村薫
    ヨーヨー
    中村薫
  18. SO KANADA
    KENDAMA
    SO KANADA
  19. 片山実咲
    インラインスケート
    片山実咲
  20. 桂枝之進
    落語家
    桂枝之進
  1. ReiNa
    HIPHOP DANCE
    ReiNa
  2. RIKU
    ダブルダッチ
    RIKU
  3. Daikichi
    フリースタイルフットボール
    Daikichi
  4. BBOY KANTA
    BREAKING
    BBOY KANTA
  5. 大黒愛美
    バトントワリング
    大黒愛美
  6. 工藤渓涼
    BMX
    工藤渓涼
  7. Reiji
    Tricking
    Reiji
    from Tok¥o Tricking Mob
  8. Sora Aota
    グラフィックアート
    Sora Aota
  9. ハイスクール・バンバン
    アカペラ
    ハイスクール・バンバン
  10. 大西咲菜
    ダンススポーツ
    大西咲菜
  11. Tatsunoshin
    音楽プロデューサー
    Tatsunoshin
  12. Kohey
    ヒューマンビートボックス
    Kohey
  13. 田中輝登
    スラックライン
    田中輝登
  14. 中村文音
    コンテンポラリーダンス
    中村文音
  15. 平原颯馬
    サーフィン
    平原颯馬
  16. KOYUKI
    アコースティックギター
    KOYUKI
  17. 中村薫
    ヨーヨー
    中村薫
  18. SO KANADA
    KENDAMA
    SO KANADA
  19. 片山実咲
    インラインスケート
    片山実咲
  20. 桂枝之進
    落語家
    桂枝之進

ダンスを通して、1人でも多くの人が笑顔になってくれる事、そして世界中の人々の日常が少しでも豊かになってくれることを願います。
自分の未来がどんなものになるかは、今の自分次第。だから、少しでも "やってみたい"と思う事があるなら自分の気持ちに素直になって挑戦してみてほしいです。

ReiNa

HIPHOP DANCE
ReiNa

『RHT』創立メンバー。
アメリカ『BodyRockJr』で準優勝。
国内ではダンスプロリーグ『Dリーグ』でavexROYALBRATSとして初代チャンピオンに輝く。ソロでは海外のダンスバトル『RadikalForze』にて15歳の時優勝し世界から注目される。フランスの『CriminalzCrew』にアジア人初加入。2000年19歳で振付を手がけた NCTU『MAKE A WISH』で振付師としても世界に衝撃を与えた。

ダブルダッチプレイヤーRIKUです!
僕は“学生プレイヤーのアイコンになる”を目標に日々活動をしています。
練習や私生活から常にかっこよくいること、その人間性がパフォーマンスで出せるよう意識しています。
ハタチの方々、可能性を秘めた下の世代、ハタチを応援してくれる大人の方々。そんな皆様にぜひ見ていただきたいです!

RIKU

ダブルダッチ
RIKU

プロダブルダッチチーム「NEWTRAD(ニュートラッド)」サポートメンバー。持ち前の類い稀なるセンスと愛嬌で業界最注目の若手プレイヤー。
11歳からダブルダッチ経歴をスタートし、翌年からキッズのコンテストに出場、多くの賞を獲得し、中学生時点で関西大会優勝を経験。
18歳で全国大会U19のスピード部門で優勝し、U19の日本記録を更新。19歳から大学生チームとの兼任で現活動をスタートし、さらなる躍進を続けている。

この度、「ハタチが未来をつなくぞ」に参加させていただきます、フリースタイルフットボーラーのDaikichiです!
僕は12歳の頃にフリースタイルフットボールに出会いました。そして長いキャリアの中で、ハタチという節目にこのような映像を残せて嬉しく思います。20代もさらなる活躍に向け努力を重ねていきます!

Daikichi

フリースタイルフットボール
Daikichi

Ball Beat Crew所属。
中学一年よりフリースタイルフットボールを始める。
Asia Freestyle Football Championship 2016(AFFC)アジア大会において、当時最年少となる15歳でTOP16をはじめ、JFFC2018日本大会でのTOP8、さらにVibes Kings大会において、最年少となる17歳で優勝を果たす。
2018年より「Ball Beat Crew」に所属し、パフォーマンス活動やレッスンなどを行なっている、若手注目のフットボウラー。

ダンスは勝ち負けが全てではない。
勝ちよりも価値のあるダンサーでありたいと思って活動しています。
繋がりを大事にし、自分の好きな事を信じてやり続けてください。やり続けた先が本当の自分。

BBOY KANTA

BREAKING
BBOY KANTA

姉の影響で幼稚園の頃からブレイクダンス をはじめる。
2009年にキッズ仲間と共にK.A.K.B(関西キッズブレイカーズ)を結成。2011年に関西の老舗クルーAIR REALに、2019年に関東のクルーTHINK TWICEに、どちらも最年少メンバーとして加入。『音楽を感じ、ダンスで自分を表現する、人を笑顔にする踊り』をモットーに、勝ち以上に価値のあるダンサーを目指す。

バトントワラーの大黒愛美です。
20歳のパワー溢れる演技で見てくださる方が笑顔になって頂けたらなと思っています!
さらに多くの人にバトンを知ってもらうきっかけとなり、バトントワリングという競技も私自身も、さらに飛躍することを目指してこれからも頑張ります!

大黒愛美

バトントワリング
大黒愛美

4歳からバトンを始める。
現在は、「バトンチーム真」で活動中。
2017年にジュニア部門、2019年にシニア部門として日本代表選手に選出され「WBTF international cup」「IBTF grandprix」に出場しメダルを獲得した。
「バトンを世界中に広めたい」という夢を掲げながら、大会やイベントに多数出演中。

こんにちは。BMXライダーの工藤渓涼です。
自分は日常生活や練習においても常に楽しむということを意識しているので、自転車でこんなことできるんだなど何でもいいので、年齢問わずBMXの楽しさが伝わってほしいです。
特に僕が行っているフラットランドは独創性が問われるので人それぞれ違う動きをするところが魅力の一つです。

工藤渓涼

BMX
工藤渓涼

仙台を拠点にするBMXライダーKEIRYO。
並外れたバネを生かしたスタイルで、フラットランドとストリートの垣根を超え、<540to540>や<cab720>など前代未聞のトリックを行い、SNSでも話題となった。そして欧州の最大のBMXメーカー「WE THE PEOPLE」からサポートされ世界から注目を集める。

自分はトリッキングのカルチャーを背負っている事を自覚して活動してます。
そのためトリッキングを普及させるという点において魅力を伝えなければならない、凄さを伝えないといけない、人間は自分の身体1つでここまで飛べてここまで自由に操ることもできる。
それを体現する事を大切にして活動しています。

トリッキングを通じて世界中の人たちがコミュニケーションを取り合ってお互いを尊重し合い、個性をリスペクトし合う未来がくることを願っています。
まだトリッキングを知らない人たちに、僕の持ち味である“速さ”のあるパフォーマンスを見ていただき、トリッキングの力強さを感じていただきたいと思います。

Reiji

Tricking
Reiji
from Tok¥o Tricking Mob

世界チャンピオンを獲得。
ワールドワイドで活躍しトリッキング界を牽引する。
トリッキングはカポエラなどの武術をベースに、ブレイクダンスなどの要素を取り入れたエクストリームスポーツで、己の肉体を最大限に使った自由な表現で技を披露。

イラストを描く上で大切にしていることは、自分の個性を出し楽しく描くことです。
絵は上手い下手ではないと思いますし、人それぞれ違う感性をアートにして形にするのがとても素敵だと思います。
自分自身つい見入ってしまうようなイラストが好きなので、自分も誰かにイラストを見せた時だったり、どこかでイラストを見てもらった時に立ち止まって見てもらえるようになりたいです。
世界でももっと大きく活動したいですね。

Sora Aota

グラフィックアート
Sora Aota

TwitterにアップしたTravis Scott(トラヴィス・スコット)のファンアートをきっかけに、Young Thug(ヤング・サグ)やTrippie Redd(トリッピー・レッド)らUSラッパーたちのアルバムアートワークの数々を手掛けるなど、国内外のヒップホップシーンで注目を集めている。
iPad1台から生み出される独自のクリエイションを武器に、日本国内外での活躍の幅を広げている。

まだ日本では音楽ジャンルとして主流ではない「アカペラ」を私たち5人がこれから広めていけるように活動を頑張っていきます!
人間が奏でる無限の可能性を“声”を使って、5人それぞれの個性を活かしながら私たちにしかできない音楽を多くの皆さんに聴いていただきと思います。

ハイスクール・バンバン

アカペラ
ハイスクール・バンバン

貫代実津季、西村愛菜、中杉天音、古橋息吹、RUSYの、東海エリア出身の男女混成5人組アカペラグループ。
2019年6月に放送された「アカペラ日本一決定戦 全国ハモネプリーグ」に出演し数々の強者の中で僅かな差で準優勝という快進撃を見せ、SNSで大きな話題となる。

同年9月にYouTubeチャンネルを開設し、チャンネル登録数は現在6.3万人を超える。AAA「恋音と雨空」のアカペラカバーは160万再生を突破。
現在もYouTubeを主戦場としながらライブなど精力的に活動中。
5人の全く異なる個性がせめぎ合うボーカルワーク、ソウルフルなグルーヴ、アカペラとは思えない前衛的な構成が魅力。
また、個々の活動ではビートボクサーのRUSYが”Grand Beatbox Battle 2021”にて見事日本人初の世界チャンピオンとなり、
メインボーカルの中杉天音はTBS系列”教えてもらう前と後”で歌うま高校生シンガーとして出演するなど個人の活動の幅も広がっている。

目標は、常に「自分を越える」こと。
ダンススポーツを初めて見た方にも感動や迫力をお届けし、
たくさんの人に幸せを感じてもらえるようなパフォーマンスができたらと思い、日々頑張っています。
ダンススポーツを通して人と人との出会いだったり、人と触れ合うすばらしさを伝えていきたいです。

大西咲菜

ダンススポーツ
大西咲菜

3才からダンスを始め、兄の大西大晶選手とカップルを組み活動をしている。
2020年、第40回三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権(ラテン)優勝、2021年、第41回三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権(スタンダード)優勝。全日本スタンダード・全日本ラテン・全日本10ダンス ランキング第1位。日本代表として出場した2021年9月の世界選手権において、日本人最高位の37位を獲得。

今回は、「未来」をテーマにした音楽を作りました。
一番盛り上がるサビのパートを一番力を入れて作ったので、みんなで盛り上がりつつ、楽しく聴いていただけたら嬉しいです。

自分が楽しくパフォーマンス出来ることが一番良いなと思っているので、そういう楽しさをみんなで共有することが理想です。
そして自分の人生に後悔の無いよう、自分が一番満足できるかたちで活動を続けていき、世界に羽ばたく音楽プロデューサーになりたいです。

Tatsunoshin

音楽プロデューサー
Tatsunoshin

2020年、アメリカのハードコアレーベルのJustice Hardcoreに、日本人として初めて加入。
2021年、オーストラリアのUKハードコアレーベルのOneSeventyに、日本人として初めて加入。また、Dirty Workz傘下のElectric Foxから「Forgive」をリリース。同レーベルからはアジア圏、そして未成年としても初のリリースとなった。「Forgive」はbeat port、Hard Dance/Hardcoreチャートで1位を獲得。

ヒューマンビートボックスの面白いところは「人間らしさ」。
機械的であり人間ぽいところが面白いと思っています。

今後は、ヒューマンビートボックスを取り入れた音楽を作っていこうと思っています。
Koheyという音楽プロデューサーのシグネイチャーサウンドを作っていき、ヒューマンビートボクサーとして、フェスなど大きい舞台に立つだけでなく、広い世界でヒューマンビートボックスが受け入れてもらえるような将来になると良いなと思います。

Kohey

ヒューマンビートボックス
Kohey

ヒューマンビートボクサー兼音楽プロデューサー。ビートボックスクルー・SARUKANIのメンバーであり、世界大会「Grand Beatbox Battle 2021」ではソロ部門に日本人唯一の代表として出場、同大会クルー部門で世界2位を獲得。日テレ系「スッキリ」「行列のできる相談所」に出演するなど、アーティストとして多方面で活動している。

昔から人と同じが嫌で、スラックラインをするにしても他の人と違うスタイルを今も研究しています。最近では、背中で受ける技と言ったら僕みたいなイメージがついてきたことが嬉しいです。
段々スラックラインをする人が増え、公園でスラックラインしている人を見つけて僕がそこに飛び入り参加する…みたいな未来がきたら良いなと思っています。

田中輝登

スラックライン
田中輝登

8歳よりスラックラインを始める。中学2年で出場した日本オープンスラックライン選手権大会で優勝を果たす。
2016年、世界最高峰のエクストリームスポーツ大会で知られる「X games」に出場し3位入賞。
Freestyle slackline masters 2017で優勝する他、German slackline masters 2017優勝、Walk the line in Nashville 優勝など、世界中の大会で活躍している。

枠にとらわれない表現だからこそ、これまでの経験や見ている人の感性で全く違うように見えるのがコンテンポラリーダンスの面白いところです。
そしてこれから先の未来を創るのは、全て今の積み重ねなので、今のこの瞬間をどう遊べるかということをいつも考えていて、自分の心躍るほうを信じて、毎日を大切に丁寧に積み重ねていけたらいいなと思っています。

中村文音

コンテンポラリーダンス
中村文音

6歳よりクラシックバレエを敖 強(Ao Qiang)、李 悦(Li Yue)に師事。
東京都立総合芸術高等学校 舞台表現科 舞踊専攻にてクラシックバレエを専攻。押領司博子、片岡康子、鈴木規緒美、笠井裕子、寺門希和、小橋美矢子に師事。
「グノーのワルツ」「シンフォニエッタ」「ジュピター」「ゴットシャルク」等の牧阿佐美振付作品に多数出演。
La Danse Compagnie Kaleidoscope / Dance Brick Boxにてコンテンポラリーダンスを二見一幸、田保知里に師事。「しあわせの唄」「Tingle」「Quickness」等の作品に出演。
神奈川県芸術舞踊協会主催 MODERN & BALLET 2021 にて二見一幸作品「SHIKI」出演。
さいたまダンスラボラトリvol.4にて、小尻健太作品「progress」、湯浅永麻作品「happen to be」のクリエーションに参加。
その他、国内外の振付家・ダンスカンパニーのクリエーションへ参加・出演、アーティスト写真集のバックダンサー、彫刻や美術作品のモデル等として活動。
NBA全国バレエコンクールにてレフォール賞、レスポワール賞 受賞。

サーフィンは自然相手のスポーツで、波の見極め方とかを口で教えるより経験値が大切なので難しいところなのですが、自然に任せている感じがとても好きです。そういう体験をぜひ一度でもしていただきたいなと思っています。
僕のサーフィンを見てサーフィンをやるきっかけになる人が増え、小さい子からも憧れられるようなプロサーファーになれるようにこれからも頑張っていきたい。

平原颯馬

サーフィン
平原颯馬

9歳からサーフィンを始めて、15才でJPSA(日本プロサーフィン連盟)のプロ資格を取得。高校2年生からプロサーファーとしてサーキットを回る。2018年世界ジュニア選手権日本代表、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されたWorld Junior Surfing Championshipで、国別団体で金メダルを獲得。2021年度サーフィン強化指定選手に選定。2020年から、タレント、モデルとしても活躍。

アコースティックギター1本で、伴奏・パーカッション・メロディーを同時に演奏するソロギターというジャンルの素晴らしさや魅力を、日本でもっと広げていきたいと思い、活動をしています。
「人生にリハーサルは無い」という大好きなギタリストであるTommy Emmanuel に教わった言葉に背中を押され、今を大切に生きています。私のギターを人々の生活の中で少しでも必要としていただけるような、そんなギタリストとして活躍できればうれしいです。

KOYUKI

アコースティックギター
KOYUKI

10歳からギターを始め、僅か10ヶ月後の2013年1月、Morrisフィンガーピッキングデイ西日本予選大会フリースタイル部門に出場し、MIKI GAKKI賞を受賞。
2014年、上記同大会コンテスト部門で審査員特別賞、翌年の同大会コンテスト部門で優秀賞、全国決勝大会でも入賞を果たし、いずれも史上最年少で受賞。
カントリー奏法、ギャロッピング、高速アルペジオなど、繊細且つ情熱的な演奏を得意とするフィンガースタイル・ギタリスト。

人にはそれぞれ好きなものがあって、好きなものを堂々と好きでいて良いんだと感じ取ってもらいたい。そしてヨーヨーのカッコ良さや楽しさ、奥深さなどの魅力がもっと多くの人に伝わってほしいのと同時に、ヨーヨーの文化がこれから先も続いていけるように、少しでも力になれたらと思います。
インターネットやSNSを通して、ヨーヨーを実際プレイする人の人口を増やすのはもちろん、他のスポーツのように、見るだけでも楽しめるような環境ができたら理想だと思います。

中村薫

ヨーヨー
中村薫

C3ヨーヨーデザイン所属。
2012年からヨーヨーを本格的に始める。
ヨーヨーとヒモが離れるオフストリングスタイルを中心に数々のエキストリームなトリックを開発するトリックメイカー。
「ONLINE WORLD YO-YO CONTEST 2021」フリースタイル競技4A部門において見事世界チャンピオンに輝く。
2021年6月には、城戸慎也選手シグネチャーモデルであるモノメタルヨーヨーのベストセラー、C3ヨーヨーデザイン「クラウン」とのコラボとなるC3「クラウン(Kaoru Edition)」が発売になるなど、今後さらに日本のヨーヨー界を盛り上げていく。

けん玉を始めたときは海外の人が活躍されていて、日本のおもちゃなのに海外の人が活躍されているのが悔しくて、自分が世界一になって「けん玉は日本のモノなんだ」ということを伝えたいと思いここまで頑張ってきました。
自分自身が楽しむことが大事だと思っていて、その楽しんでいる姿を皆さんに届けられるようにパフォーマンスをしています。
このパフォーマンスを見て、何か挑戦したり一歩踏み出すきっかけになれたら嬉しいです。

SO KANADA

KENDAMA
SO KANADA

中学2年生で本格的にけん玉を始める。
高校1年生のときに初出場したけん玉ワールドカップで、日本人として初めて優勝。その後、地元名古屋を中心にけん玉パフォーマンスでイベント等に出演するなど活動の場を広げる。コロナ禍の影響もありオンラインでの開催となった世界大会「North America kendama Open 2021」において再び世界チャンピオンに輝く。けん玉を競技として普及させるべく、積極的にメディア出演やSNSを活用した活動を続けている。

インラインスケートは手すりの上を滑ったり、普段の生活には無いワクワクを味わえるところや新しい技が出来たときの達成感が魅力のスポーツです。自分との闘いになるスポーツなので、常に自分を超えていき結果的に大会で勝てたら最高だなと思います。
スケートを知らない人に私の滑っている姿を見てワクワクしてもらえたら嬉しいです。
これから世界で活躍するスケーターになって、たくさんの人にスケートの魅力を伝えていきたいです。

片山実咲

インラインスケート
片山実咲

8歳からインラインスケートをはじめる。
2018年に全日本選手権で準優勝し日本代表に選出され、2019年に出場した「World Roller Games」にて準優勝。
2019年、広島県で開催された世界大会「FISE HIROSHIMA」にて優勝する他、「Winter Clash」準優勝、「World Urban Games」優勝など数々の世界大会で活躍中。
現在は選手だけでなく、講師としても活動している。

落語は伝統的なイメージが強いと思うんですけど、もっと身近なエンターテインメントとして落語が浸透していけると良いなと思います。
そして今後は海外へ落語の魅力を発信したいです。
AI自動翻訳技術の高度化やXRによる表現の多様化など、テクノロジーを活用することでエンタメから国境がなくなる日も近いと思います。まだまだ落語は可能性があるコンテンツだと、これからもアピールしていきたいです。

桂枝之進

落語家
桂枝之進

5歳の頃に落語に出会い、9歳でアマチュアとして活動を開始する。
中学時代に年間150回の国内公演、そしてポーランドとフランスで海外公演を敢行。
15歳で師匠である落語家の桂枝三郎に弟子入り。
2020年、落語クリエイティブチーム「Z落語」を立ち上げ、渋谷を拠点にZ世代の視点で落語を再定義、発信するプロジェクトを主宰している。

20人のパフォーマーでつなぐスペシャルムービー

au5Gエリアで楽しめるメイキングムービー

au5G対応の対象の駅周辺で
メイキング映像を公開中
※本コンテンツは終了いたしました

体験の流れ

  • アプリをダウンロード。

  • 対象のauの5Gエリア(屋外)で
    アプリを起動

    ※対象となる場所は、「XR CHANNEL」アプリ内のMAP画面からご確認いただけます。

※「XR CHANNEL」アプリの対応OSおよび推奨機種は以下となります。​
・Android OS:Android 10.0以降、機種:ARCore対応機種​​
・iPhone OS:iOS 14.0以降、機種:iPhone8以降
※「XR CHANNEL」は現在位置を正確に把握するために、GPS情報などに加えてアプリ起動時に周囲の環境をスキャンしていることから、日没後はご利用いただけない場合があります。​
※5G対応端末でのご利用を推奨していますが、4G対応端末からもお楽しみいただけます。

AR実施場所一覧

山手線

東京 秋葉原 御徒町 上野 鶯谷 日暮里 西日暮里 田端 駒込 巣鴨 大塚 池袋 目白 高田馬場 新宿 代々木 原宿 渋谷 恵比寿 目黒 五反田 品川 田町 浜松町 新橋 有楽町

埼京線

大宮

中央総武

四ツ谷 飯田橋 水道橋 御茶ノ水 中野

京浜東北

横浜

西武新宿

西武新宿

常磐線

北千住

小田急小田原

代々木上原 経堂

湘南新宿

武蔵小杉

東武伊勢崎

浅草 とうきょうスカイツリー

京急川崎

京急川崎

東急東横

中目黒 自由ヶ丘

東海道本線

川崎 名古屋

大阪環状線

大阪 天王寺 京橋 鶴橋 新今宮 福島 野田 西九条 弁天町 大正 芦原橋 今宮 寺田町 玉造 森ノ宮 大阪城公園 桜ノ宮 天満

名鉄名古屋本線

金山 神宮前

インタビュー・舞台裏

ずっと、もっと、つなぐぞ。au
特設ページはこちら

ずっと、もっと、つなぐぞ。au
公式SNSはこちら

#山手線をアートでつなぐぞ
特設ページはこちら

#大阪環状線をアートでつなぐぞ
特設ページはこちら