ログイン

au 5G

au 5G

5G(第5世代移動通信システム)とは

5Gは、LTE-Advancedの次の世代となる第5世代移動通信システムです。高速・大容量に加え、多接続、低遅延(リアルタイム)が実現されることで、人が持つデバイスからIoTまで、幅広いニーズへの対応が期待されます。

5Gをご利用いただける場所

auでは、全国の様々な場所で5Gサービスをご利用いただけるよう電波対策に取り組んでいます。

5Gをご利用いただける場所はサービスエリアマップをご確認ください。

5Gの特徴と技術

位置づけと性能

第一世代(1G)から第五世代(5G)までの進化

1G~2G:いつでもどこでも電話したい 3G:クリアな音質で通話 ネットやメールも 4G:映画、音楽、買い物 全てをモバイルで 5G:VRによるライブ鑑賞やスポーツ観戦が可能に

携帯電話、スマートフォンなどの通信を支えるモバイルネットワークは、第一世代(1G)から、第四世代(4G)まで進化してきました。

1G~2Gは、誰もが場所に縛られることなく、いつでも通話することを可能にしました。

3Gは、クリアな音質の通話や写真付メールの送受信で、コミュニケーションの幅を広げると共に、ネットからの音楽ダウンロードを可能にするなど、携帯電話にエンターテイメント要素を融合させました。

4Gは、通信速度の更なる高速化、スマートフォンの登場で、映画や音楽の視聴、買い物など、あらゆることを手のひらの中で行うことを可能にしました。

デバイスの進化 つながるモノの増加

つぎは第五世代(5G)。

5Gが普及する2020年代にはデバイスの進化に加えて、ネットワークにつながるモノが爆発的に増加します。

今までのデバイスの進化は、パソコンやテレビでできることがスマートフォンなどのモバイルデバイスでも利用が可能になるといったものでした。

これからは、単に「既存のサービスをモバイルでも利用可能にする」だけではなく、「これまで利用されていなかったサービスをまずはモバイルデバイスで提供する」という時代に移行します。

つまり、これまでの想定を大きく超える性能がモバイルネットワークに要求されるようになるのです。

求められる性能の多様化

ネットワークにつながるモノの爆発的増加は、ネットワークに求められる性能の多様化につながります。大容量の画像を常に送信する監視カメラもあれば、普段は作動しないが、いざ作動する際は通信の遅延が一切許されない防災センサーなどもあるでしょう。こうした新しいトレンドに応えるため、5Gは高速・大容量の通信や、低遅延、多くのデバイスへの接続が期待されています。

支える技術

高速・大容量 ーたくさんのデータを送るー

イメージ

高速・大容量化のためには、周波数帯域幅を広げることが有効です。

au 5Gでは高速・大容量の実現のために、3.6GHz以下の4Gに加え、3.7GHz帯と28GHz帯の利用が可能となります。

  • 4.0GHz帯は今後サービス開始予定です。
イメージ

3.6~4.6GHz帯や28GHz帯の電波は、これまで利用されてきた周波数帯よりも遠くへ届かない特性がある為、当初は従来の4G周波数と組みあわせて利用します。

イメージ

また、ビームフォーミングという技術を用いて、電波を特定方向のユーザーに向けることにより、遠くまで飛びやすくします。ユーザーが移動した場合は、ビームトラッキングという技術を用いて、ユーザーを追いかけるように電波の飛ぶ方向を調整します。

イメージ

KDDIは、自動車で移動する5Gユーザーにビームトラッキングで電波を向け続けながら、接続する基地局を切り替えるハンドオーバー試験に、日本で初めて成功しました。

低遅延 ー素早く通信するー

イメージ

低遅延の実現のためには、「エッジ・コンピューティング」を利用します。

現在広く使われている「クラウド・コンピューティング」は、インターネットの光にクラウドサーバを設置し、多くの処理をクラウドサーバで行います。

そのため、処理が集約できるメリットはあるもののクラウドとサーバとユーザーのデバイス間の通信にかかる時間が長くなるという弱点があります。

5Gでは、「クラウド・コンピューティング」に加え、ネットワーク上のユーザーに近い部分にエッジサーバを設置します。サーバからの素早いレスポンスが要求されるサービスは、「エッジ・コンピューティング」で処理します。

多接続 ー多種多様なデバイスをつなぐー

イメージ

5Gでは様々な種類のデバイスを接続し、快適にご利用いただくために、「ネットワークスライシング」という技術を活用します。

図にあるように、現在のネットワークでは複数のサービスを区別なく一つのパイプ(データが流れる道)でまとめて送っていましたが、あるサービスが混雑すると、同じパイプを利用しているほかのサービスも使いづらくなることがありました。

5Gでは、サービスごと・用途ごとにネットワークをオーダーメイドで提供。論理的に専用のパイプを区切って利用することで、互いのサービスが影響しあわず多種多様なデバイスに同時にサービスを提供することが可能です。

  • 今後、導入を検討している技術も含まれます
商品・サービス
スマートフォン・携帯電話
インターネット回線
au HOME
エンタメ
ショッピング
ポイント・決済
auでんき
auの金融サービス
サポート
My au