閉じる

お客様情報

ログイン

auがんほけん(がん保険)

auがんほけん
治療費と収入減をサポートするがん保険

auがんほけんのポイント

ポイント1 はじめて「がん」と診断された時まとまった一時金が受け取れる

生まれてはじめて「がん」と診断された時、治療前でも「がん診断一時金」を受け取れます。がんは治療費だけでなく、さまざまな費用がかかることもあり、どれくらい費用がかかるかわからない中、まとまった一時金があると安心です。

選べる!がん診断一時金

備えたい目的にあわせて100万円から300万円まで50万円単位で設定できます。

  • がん診断一時金の支払限度は保険期間を通じて1回までです。

上皮内新生物もしっかり保障!

がん診断一時金×50%を受け取れます。

  • 上皮内新生物診断一時金の支払限度は保険期間を通じて1回までです。
  • がん診断一時金の支払事由に該当した日以後に上皮内新生物と診断された時は、お支払いできません。

<便利な一時金の使い道>

「がん」と診断された時、入院費や治療費の準備はもちろん、さまざまな費用がすぐに必要になることがあります。そのような時、何にでも使うことができる一時金があると心強いです。

ポイント2 長引くがん治療も回数無制限の給付金で一生涯サポート

入院・通院にかかわらず公的医療保険制度の対象となる所定のがん治療を受けた時、「治療サポート給付金」を受け取れます。上皮内新生物の治療を受けた時も給付の対象となります。

入院・通院にかかわらず「がん」の3大治療を保障

治療を受けた月ごとに月額10万円受け取れます。

  • 同一の月に複数の治療を受けた場合も、治療サポート給付金のお支払いは月に1回です。
ポイント3 がん罹患後の収入減少も最大5回の給付金でしっかりサポート

がんと診断された翌年から生存されている時、1年ごとに最大5回まで「がん収入サポート給付金」を受け取れます。

がん診断一時金の50%を最大5回

生存されていれば受け取れます。

  • 被保険者が死亡した場合は、以後のがん収入サポート給付金はお支払いできません。
ポイント4 がん診断確定後保障はそのまま、保険料は不要に!

がん診断確定後、それ以降の保険料の払い込みは免除になります。保障はそのままで、保険料の負担がなくなり、経済的な不安も軽減できます。

  • 申込日から90日以内にがん診断確定された場合は、ご契約は無効となります。
  • 上皮内新生物の場合、保険料の払込免除のお取り扱いはできません。
  • がん診断一時金のみのご契約の場合は、がん診断一時金のお支払い後に保険契約が消滅します。
ポイント5 全額自己負担のがん先進医療も通算2,000万円まで保障!

公的医療保険制度の対象とならない先進医療の技術料は全額自己負担しなければなりません。がん先進医療給付金は先進医療の技術料と同額を保険期間を通じて2,000万円まで受け取れます。

  • 保障の対象となるがんは約款所定の悪性新生物をいい、上皮内新生物や異形成などは含まれません。
  • 同一の被保険者において、先進医療給付のあるライフネット生命の商品の重複加入はできません。
  • 患者申出療養は、がん先進医療給付金の支払対象となりません。

ご参考先進医療の技術料はどれくらい?

先進医療とは、厚生労働大臣が承認した医療技術を用いた療養のことで、公的医療保険との併用を認められている評価療養の一つです。医療技術や医療機関、対象となる疾病には一定の制限があります。

<先進医療にかかる技術料例>

先進医療技術

陽子線治療

重粒子線治療

技術料(1件当たり平均額)

276万22円

309万3,057円

平均入院期間

8,8日

9,8日

年間実施総件数

2,016件

1,787件

  • 第49回先進医療会議 平成28年度(平成27年7月1日~平成28年6月30日) 実績報告を元に算出
  • 療養を受けた時点で先進医療でないものは、給付金の対象外です。
注意事項
  • この保険はWeb申し込みにおいては、申込日からその日を含めて91日目が責任開始日となります。
  • この保険には「満期保険金」や「配当」、「解約返戻金」はありません。
  • 健康状態や職業によっては、審査の結果、加入できないことがあります。
  • 保険料は支払わなければならない月を含めて3カ月以内にお支払いください。期限内にお支払いいただけない場合は、保険契約が失効します。
  • 保険料が未払いで契約が失効してしまうと、契約を元に戻すこと(復活)ができません。
  • ここでの説明は、あくまでも概要です。必ず「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
    • Web申し込みと書面申し込みでは「ご契約のしおり・約款」の内容が異なります。
  • 本データは2018年12月時点での情報をもとに作成しています。
給付金をお支払いできない場合について

代表例

  • 申込日前または申込日から責任開始日の前日以前にがんと診断されていた場合、契約者、被保険者がその事実を知っているか、いないかにかかわらず、ご契約は無効となり、給付金はお支払いできません。
  • 正しい告知をせずに契約した場合、告知義務違反として契約が解除され、一時金や給付金を受け取れない場合があります。
  • がんまたは上皮内新生物の治療を目的としない治療の場合、治療サポート給付金はお支払いできません。
  • がん収入サポート給付金について、がん診断日の年単位の応当日の前日以前に被保険者が死亡している場合、がん収入サポート給付金はお支払いできません。
  • 海外の医療機関で治療を受けた場合は、治療サポート給付金およびがん先進医療給付金はお支払いできません。

auがんほけんをさらに調べる


保険選びをお電話でお手伝いいたします

auフィナンシャルサポートセンター

携帯電話/一般電話から 0120-907-100(無料)

<受付時間>

土日祝含む 全日9:00~20:00

(年末年始・ビル設備点検日を除く)

電話サポートで高い評価を受けています。

auフィナンシャルサポートセンターとauのほけんサイト HDI格付け調査(生保)で最高ランクの「三つ星」を受賞、二冠達成!

世界最大のサポートサービス業界団体HDI(ヘルプデスク協会)の日本法人HDI-Japanが主催する、「HDI格付けベンチマーク(依頼格付け調査)」において、auフィナンシャルサポートセンターとauのほけんサイトで2019年に最高評価の「三つ星」を獲得しました。

auの生命ほけんの保険商品

募集文書番号:LN-RT-24972