閉じる

お客様情報

ログイン

Galaxy S8+ SCV35 OSアップデート情報

  • LINEで送る

2018年4月6日

(4月17日追記)

Galaxy S8+ SCV35 OSアップデート開始のお知らせ

平素は、auスマートフォンサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

Galaxy S8+ SCV35につきまして、4月6日にOSアップデート延期のお知らせをさせていただきましたが、ご提供の準備が整いましたので4月19日(木)16時よりOSアップデートを開始致します。

Galaxy S8+ SCV35をご利用のお客さまには大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

(4月6日追記)

Galaxy S8+ SCV35 OSアップデート延期のお知らせ

平素は、auスマートフォンサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。2018年4月10日からGalaxy S8+ SCV35のOSアップデート配信を予定しておりましたが、配信開始日を延期させていただきます。

準備が整い次第、auホームページでお知らせ致します。

「Galaxy S8+ SCV35」につきまして、OSアップデートの準備が整いましたのでご案内致します。

2018年4月19日(木)16時より順次お客さまのスマートフォンへアップデートのお知らせが通知されます。

アップデート内容および注意事項をご確認いただいたうえで、OSアップデートをご実施ください。

1. アップデート概要

  • アップデートファイルサイズが大きいため、Wi-Fiのご利用をお勧め致します。4G回線(LTE/WiMAX 2+)を利用する場合は通信容量にご注意ください。
  • OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認くださいますようお願い致します。
  • OSアップデートにてお客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、アドレス帳やEメール等の大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
  • その他ご注意事項につきましても、必ずご確認ください。

機種

OSバージョン

アップデート開始日

更新期間

Galaxy S8+ SCV35

Android™ 8.0

2018年4月19日 16時

アップデート方法

更新時間

アップデートファイルサイズ(注1)

Wi-Fi利用

約25分

約1.4GB

4G(LTE/WiMAX 2+)利用

約25分

パソコン(Smart Switch)利用

約45分

約3.2GB

  • 更新時間はお客さまのご利用環境によって異なります。
  • アップデートの実施には、本体メモリに約1.4GB以上の空き容量が必要となります。

    (「ホーム画面」→「アプリアイコン」→「設定」→「端末のメンテナンス」→「ストレージ」から空き容量をご確認いただけます。)

  • 本アップデートは、本体の電池残量が十分な状態(フル充電)で実施してください。
  • 本アップデートを実施するには、ソフトウェアバージョン「SCV35KDU1AQL2」にアップデートする必要があります。
  • SmartSwitchのインストールや利用方法など詳細については、以下SAMSUNGのホームページをご参照ください。

2. アップデート内容

□主な機能追加・変更内容

○ピクチャ イン ピクチャ(PIP)モードはAndroid 端末でも利用できるようになります。「図1」

スマホでも小窓で動画を再生できるピクチャ イン ピクチャ(PIP)モードでアクティビティを起動できます。

  • Google Mapでご利用する場合は、最新バージョンに更新する必要があります。
  • PIP機能はGoogle Mapのナビゲーションを起動している状態のみご利用可能です。

[図1]

<利用方法>

  1. ナビを起動した状態でホームボタンをタップすると、小窓に切り替えます。
  2. 表示された小窓は画面上を移動させることができます。
  3. 小窓画面をタップし、右上の「X」アイコンが表示されます。

    「X」アイコンをタップすると、小窓が閉じます。

    をタップすると、元のサイズに戻ります。

○通知パネルの通知が、アプリ名や通知時間が表示されるようになり、より分かりやすくなりました。「図2」

ステータスバーに通知がある場合、アプリアイコンに「アイコンバッジ」という通知アイコンが表示されます。
アイコンバッジの付いたアイコンを長押しすると、新着通知の内容が表示されます。

  • 通知バッジは、通知ドットとも呼ばれます。
  • アプリに関連付けられている通知(ユーザーがまだ消去していない、または操作していない通知)があることを示します。

[図2]

<アプリアイコンにアイコンバッジの設定方法>

ホーム画面をロングタッチ→「ホーム画面設定」→「アプリアイコンのバッジ」→「通知を表示」をONにする。もしくは「設定」→「アプリ」→任意アプリ→「通知」→「アプリアイコンのバッジ」にて設定可能です。

  • 「アプリアイコンのバッジ」機能はデフォルトでONになっております。
  • アイコンバッジへの通知件数の表示/非表示を設定できます。

○ホーム画面へ移動した時に、マルチウィンドウで起動しているアプリの表示がより分かりやすく改善されます。「図3」

  • マルチウィンドウでマップとGoogle検索を利用している場合

[図3]

<利用方法>

  1. 任意の2つのアプリを分割表示中にホームボタンをタップする。
  2. 画面上部に表示されるアプリが従来より幅広く表示されます。

○「クイックメニュー」表示機能が追加されます。ホーム画面にて、アプリアイコンを長押すと、アプリの主な機能をすぐに実行できるようになります。「図4」

[図4]

○アプリがバックグラウンドで実行されている場合、通知欄に実行中のアプリ名が表示されます。「図5」

  • バックグラウンドの実行時間が短いアプリの通知は一瞬のみ表示される場合があります。

[図5]

□主な初期化/削除項目

○OSアップデート後、設定が初期状態にリセットされる主な項目は以下の通りです。必要に応じ、再度設定を行ってください。

(カレンダー画面の右上のメニューに表示される「カレンダーを管理」内の項目)

  • 祝日(初期値:ON)
  • 振替休日(初期値:ON)

(カレンダー画面の右上のメニューに表示される「設定」>「天気予報」>「天気設定」内の項目)

  • [天気予報]アイコンをアプリ画面に追加(初期値:OFF)
  • 現在地情報を使用(初期値:ON)

(カレンダー画面の右上のメニューに表示される「設定」>「通知」内の項目)

  • ON(初期値:ON)

(カレンダーの画面右上のメニューに表示される「設定」>「通知」>「一般通知」内の項目)

  • サウンド(初期値:on Time)
  • バイブ(初期値:OFF)

(マイファイル画面右上のメニューに表示される「設定」内の項目)

  • Wi-Fi接続時のみファイルを管理(初期値:ON)

(Eメール画面の右上に表示されている項目)

  • 並べ替え(初期値:日付(新しい順))
  • 音量キーでメディアを調整(初期値:OFF)

(壁紙とテーマ画面で「AOD」>「全てを表示」を選択で表示される項目)

  • AOD(Always On Display)(初期値:標準)

(ロック画面とセキュリティ画面の「時計とFaceWidget」>「時計のスタイル」内の項目)

○デジタル時計に設定していた場合

  • カラー(初期値:ホワイト)

○アナログ時計に設定していた場合

  • タイプ(初期値:1番目の時計)
  • カラー(初期値:ホワイト)

○世界時計に設定していた場合

  • カラー(初期値:ホワイト)

○エッジクロックに設定していた場合

  • カラー(初期値:ホワイト)

(ロック画面とセキュリティ画面の「通知」>「通知を表示するアプリ」内の項目)

  • すべてのアプリ(初期値:ON)

(ロック画面とセキュリティ画面の「その他のセキュリティ設定」>「通知へのアクセス」内の項目)

  • Google VR サービス(初期値:ON)

(クラウドとアカウント画面の「バックアップと復元」>「データをバックアップ」内にある項目)

  • 事前に「Galaxy アカウント」にログインする必要があります。
  • 電話(初期値:ON)
  • 時計(初期値:ON)
  • 設定(初期値:ON)
  • ホーム画面(初期値:ON)
  • アプリ(初期値:ON)
  • ドキュメント(初期値:ON)
  • ボイスレコーダー(初期値:ON)
  • 音楽(初期値:ON)

(ユーザー補助画面の「視覚」>「Voice Assistant」>「設定」内の項)

  • 読み上げの音量(初期値:メディア音量に合わせる)
  • トーンを変更(初期値:ON)
  • キーボードの入力を読み上げ(初期値:常にON)
  • 画面OFF時の音声入力(初期値:OFF)
  • 近接センサーで消音(初期値:ON)
  • 端末を振って連続読み上げ(初期値:OFF)
  • 発信者IDを読み上げ(初期値:ON)
  • 音標文字(初期値:ON)
  • 使用方法のヒント(初期値:ON)
  • バイブフィードバック(初期値:ON)
  • サウンドフィードバック(初期値:ON)
  • 音声フォーカス(初期値:OFF)
  • サウンドフィードバックの音量(初期値:メディア音量の50%)
  • カーソルの色(初期値:青)
  • クイックメニュー(メニュー内の各項目の初期値:ON)

(ユーザー補助画面の「視覚」>「Voice Assistant」>「設定」>[キーボードショートカット]内の項目)

  • キーマッピング(初期値:標準キーマッピング)

(ユーザー補助画面の「視覚」>「Voice Assistant」>「設定」>「ステータスバーの情報」内の項目)

  • 時間(初期値:ON)
  • 日付(初期値:OFF)
  • バッテリー残量(初期値:ON)
  • 電波強度(初期値:ON)
  • Bluetooth(初期値:OFF)

(ユーザー補助画面の「視覚」>「Voice Assistant」>「設定」>「開発者向けオプション」内の項目)

  • ログ出力レベル(初期値:ERROR)
  • TTS出力を表示(初期値:OFF)
  • ノードツリーのデバッグ(初期値:OFF)

(ユーザー補助画面の項目)

  • ユーザー補助のショートカット(初期値:OFF)

(「ユニバーサルスイッチ」>「設定」の中の項目)

  • ユニバーサルスイッチ(初期値:OFF)
  • スイッチ(初期値:スイッチが選択されていない状態)

○OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。

  • 「通知音」設定画面にて、「カレンダーの通知」の機能が削除されます。
  • 各アプリの設定から機能毎に設定可能となります。
  • 「例外を許可」設定画面にて、「重要アプリの通知」の項目が削除されます。
  • 「ミュートの例外許可機能」で対応可能となります。
  • 「通知へのアクセス」設定画面にて、「Always On Display」の項目が削除されます。
  • 設定→[ロック画面とセキュリティ]→[Always on Display]にて設定可能となります。
  • [[通知をミュート]の管理アプリ]画面にて、「TouchWizホーム」が削除されます。
  • 「TouchWizホーム」機能がなくなり、代わりに「Galaxyホーム」が搭載されるようになります。
  • 「Always on Display」設定画面にて、メニュー配下の[Galaxy Themesに移動]が削除されます。
  • 設定→[壁紙とテーマ]からアクセス可能。
  • 「Always on Display」設定画面にて、「時計のスタイル」配下の「背景」が削除されます。
  • ユーザーの使用率が低いため削除となります。
  • [デバイス管理アプリ]設定画面にて、「セキュリティフォルダ」、「ソフトウェア管理」、「セルフケア設定」項目が削除されます。
  • 「セキュリティフォルダ設定」画面にて、「キーボードと入力」が削除されます。
  • 「マイフィード」画面にて、「通知」の項目が削除されます。
  • 「視覚」設定画面にて、「パスワードの音声出力」、「ユーザー補助ショートカット」、「グレースケール」の機能が削除されます。
  • 「ユーザー補助ショートカット」機能は一つ上の層に配置変更され、「ユーザー補助」設定画面にてご利用可能となります。
  • ホーム画面から「Game Launcher」を選択し、「ゲーム中に通知を制限」が削除されます。
  • Game Tools機能に同機能が含まれたため、削除となります。
  • アプリ一覧画面にて、フォルダを長押しした場合は、「アプリを追加」機能が削除されます。単体アプリを長押しした場合は、「アプリ情報」機能が削除されます。
  • 「Galaxyクラウド」>画面右上のメニューから「設定」画面にて、「Wi-Fi接続時のみ同期」、「プッシュ通知」が削除されます。
  • 「Galaxyクラウド」画面にて、「バックアップ設定」配下の「自動バックアップ」項目が削除されます。
  • 「バックアップと復元」画面にて、「バックアップ設定」項目が削除されます。
  • 「RealTimes For au」(2017年11月30日サービス終了)アプリが削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。

  • 更新されるソフトウェアには、上記以外により快適にSCV35をご利用いただくための改善内容が含まれております。

3. アップデート方法

ホーム画面→基本フォルダ→「設定」アプリを起動し→「ソフトウェア更新」からアップデートをご実施ください。

○詳しい操作手順は「ソフトウェアアップデートガイド」をご確認ください。

4. 完了後のバージョン情報

アップデートが正常に完了するとソフトウェアのビルド番号(ソフトウェアバージョン)は下記の通りとなります。

  • ソフトウェアのビルド番号:R16NW.SCV35KDU1BRD1
  • 確認方法:ホーム画面→基本フォルダ→「設定」アプリを起動→「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」で確認できます。
  • アップデート後のAndroidセキュリティパッチレベルは「2018年4月1日」となります。

5. ご注意事項

  • OSアップデートはお客さまの責任において実施してください。
  • OSアップデートを行うとAndroid™ 7.0に戻すことはできません。
  • OSアップデートにより、お客さまのauスマートフォンはAndroid™ 8.0に変更され、画面操作や機能が変更されます。
  • OSアップデートは更新のための通知が表示されOKを押すと更新が始まりますが、更新前には必ずauホームページ記載の更新内容と注意事項をご確認の上実施してください。
  • OSアップデート中は110番、119番、118番への電話も含め、メール送受信などすべての機能は操作できません。
  • OSアップデートは所要時間が最大約45分となりますので、本体を充電しながら、または電池残量が十分な状態(フル充電)で実施してください。万一OSアップデート中に電池切れとなった場合は、充電の後、再度電源を投入いただけると更新処理を再開致します。
  • 4G(LTE/WiMAX 2+)通信(以下au通信)を利用したソフトウェア更新を実施した場合のパケット通信料は有料となります。

    このため、パケット通信料が高額になるため「LTE NET」および「LTE フラット」などのパケット通信料割引サービス/データ定額サービスへのご加入をご確認の上実施してください。

  • au通信を利用した場合、データ通信量が月間データ容量を超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなりますのでご注意ください。(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)
  • OSアップデートを行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で、移動せずに実施してください。
  • OSアップデート中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。
  • OSアップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはありませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、アドレス帳やEメールなどの大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
  • アップデート実施後に初めて起動したときは、データ更新処理のため、数分から数十分間、動作が遅くなる場合があります。(所要時間は本端末内のデータ量により異なります。通常の動作速度に戻るまでは電源を切らないでください。)
  • OSアップデート実施後に初めてKDDI Eメールアプリ(@ezweb.ne.jp)を起動したときは、数分から数十分程度データ更新処理を行うため、メールの閲覧、送受信ができません。(所要時間はメールの保存件数や容量により異なります。データ処理完了まで電源を切らないでください。)
  • 海外でローミングサービスをご利用の際は、モバイルネットワーク(海外CDMA/海外GSM接続)でのOSアップデートの検索やダウンロードはできません。
  • Android™ 7.0で動作しているアプリケーションのAndroid™ 8.0上での動作は保証できません。アプリケーションの対応OSなどをご確認の上、OSアップデートを実施してください。

記事に記載された情報は、掲載日現在のものです。

商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。