あまたの挑戦者たちがスクリューパイルドライバーの餌食に!?板橋ザンギエフ選手に挑戦!auブース エキシビジョンマッチin EVO Japan 2020

1月24日〜26日に幕張メッセで開催されたEVO Japan 2020。腕に覚えのあるゲーマーたちが日本全国、そして海外からも集結して熱戦を繰り広げる祭典の中、auブース内において人気プロeスポーツ選手である板橋ザンギエフ選手に挑戦できるエキシビジョンマッチが行われた。

EVO Japan 2020の会期中、毎日開催されたこのエキシビジョンマッチは、板橋ザンギエフ選手が登場するとあって、来場者たちから高い注目を集め、auブースは活気ある3日間となった。板橋ザンギエフ選手への挑戦者は抽選によって選ばれたため、対戦チャンスを逃した来場者が残念がる様子も会場では何度も見られた。

エキシビジョンマッチが始まるauブース

ご存知の方も多いだろうが、数々の大会で優勝経験を持つ板橋ザンギエフ選手は、国内最強と名高いプロゲーミングチームのDetonationN Gamingに所属。同チームはauがスポンサーとなっていることから、今回のエキシビジョンマッチがauブースにて開催されることが決まった。

多くのギャラリーに見守られ、エキシビジョンマッチが開始

EVO Japan 2020に出場する板橋ザンギエフ選手は、大会前の時間を使ってエキシビジョンマッチに参加。エキシビジョンマッチに勝利した挑戦者にプレゼントされるauオリジナルタオルについて「なんとしてもタオルを死守したい(笑)」と板橋ザンギエフ選手は意気込みを語った。

観戦者に囲まれて開催されたエキシビジョンマッチ

板橋ザンギエフ選手は挑戦者の要望にも応えながらザンギエフやアビゲイルを使用し、挑戦者は好きなキャラクターを使って戦いを挑める。エキシビジョンマッチが始まると、さすがは板橋ザンギエフ選手。重量級のキャラクター、ザンギエフとアビゲイルを軽快に操って連戦連勝を重ね、挑戦者たちを退ける。10人の挑戦者との対戦を終えた時点で、板橋ザンギエフ選手の全勝。許したKOはわずかに1回。次から次へと挑戦者たちがスクリューパイルドライバーの餌食となる様子は、トッププロ選手の実力を否応なく見せつけるものだった。

真剣な眼差しでプレーする板橋ザンギエフ選手

しかし、このまま無敗で終えるのではないかとすら思えた板橋ザンギエフ選手が、ついに敗れるときが来た。10人の挑戦者との対戦を終えて「みんな強いので、いつ負けてもおかしくない」とコメントした板橋ザンギエフ選手だったが、それが予言となったかのように、11人目の挑戦者に2ラウンドを先取されて敗れる。敗戦後には「挑戦者が上手かったので困りました…」と板橋ザンギエフ選手は苦笑。

初めて板橋ザンギエフ選手が破れた瞬間

挑戦者がラウンドを取ると観戦者からは拍手が起き、2つ目のラウンドを挑戦者が奪って勝利した際には会場からどよめきが起こった。板橋ザンギエフ選手の圧倒的な強さを見せつけられていただけに、いつの間にか観戦者たちも挑戦者を応援する雰囲気さえできていた。

その後も板橋ザンギエフ選手の強さが目立ったものの、勝利する挑戦者も何人か現れ、初日は板橋ザンギエフ選手の18勝2敗、2日目は28勝1敗、3日目は29勝1敗。「手加減もしているのですか?」とMCから尋ねられた板橋ザンギエフ選手は、「手加減というか、その場の雰囲気を重視した戦い方をしています。対戦相手がいて、観客も一緒になって楽しめるのが格闘ゲームの良いところなので」と答えた。

板橋ザンギエフ選手と挑戦者、そして観客が一緒に楽しんだ3日間

ザンギエフVSザンギエフで対戦を挑む挑戦者が現れたり、海外から来日中と思われる挑戦者が飛び入り参加したりと、エキシビジョンマッチは盛り上がった。また、板橋ザンギエフ選手に勝利した挑戦者が、対戦後すぐにTwitterで「板ザンに勝った!」という内容をツイートしているとMCから報告があると、会場からは笑いが起きた。

ザンギエフを使用する板橋ザンギエフ選手に、あえてザンギエフで挑む挑戦者も多くいた
飛び入り参戦した海外から来日中と思われる挑戦者
板橋ザンギエフ選手がアフリカの大会で対戦したことのある選手も、整理券を獲得して挑戦

「観客も一緒になって楽しめる」と板橋ザンギエフ選手が言ったとおり、会場が一体となって対戦画面に見入り、勝敗に一喜一憂した。まさに、勝ち負けだけではないeスポーツの楽しさを体感できるイベントだったと言える。

挑戦者と対戦後に握手を交わす板橋ザンギエフ選手

挑戦者たちとの戦いを終えた板橋ザンギエフ選手は、「かなりやり込んでいる挑戦者ばかりだった。上手い人が多かったですね」と感想を延べた。毎日10時間の練習をこなす板橋ザンギエフ選手が強いと認めるのであれば、ガチ勢の強豪アマチュア選手たちの実力もかなりのものなのだろう。

挑戦者をその場で募るとたくさんの希望者が手を上げた

今回のエキシビジョンマッチでは、超高速(最大10Gbps)の回線速度を有する「auひかりホームX10ギガ」を使用。エキシビジョンマッチはオンライン対戦でありながら、タイムラグがなく、まるで一台で対戦しているかのような感覚だ。一瞬のタイムラグが勝敗を決する要因となるオンライン対戦において、「auひかりホームX10ギガ」が心強い味方であることを挑戦者や観戦者も感じたようだ。板橋ザンギエフ選手も、速度の安定した回線のもとで正確なコマンド入力を繰り返し、観戦者たちを驚かせていた。

板橋ザンギエフ選手の正確無比なコマンド入力に観戦者たちは見入った

また、大会期間中には、来場者にとってエキシビジョンマッチ以外にも嬉しい特典となるauPAYに200円分のチャージが可能なオリジナルカードが無料サンプリングされた。
会場内でのグッズ販売コーナーでも使うことができ、来場者は大いに満足できたのではないだろうか。

来場者へauPAY200円分のオリジナルカードなどが入った無料サンプリングも行われた
グッズ販売エリアでそのまま使えたため、来場者へも嬉しい特典となった

また、1/26(日)、渋谷の KDDI 直営店「au SHIBUYA MODI」では、EVO Japan 2020 のライブ視聴体験コーナーを展開した。このコーナーは、店内の大型ディスプレイに 5G 端末を直接接続し、「SPORTS BULL(スポーツブル)」にてライブ中継しているEVO Japan 2020 の「マルチアングル配信」を投影することで実現した。

現地では、家族連れや外国の方など幅広いお客様が来場され、
ダイナミックなライブ視聴体験を楽しまれていた

今回は、EVO Japan 2020のauブースで開催されたエキシビジョンマッチを中心にレポートした。eスポーツがますます盛り上がっていく中で、憧れのプロeスポーツ選手と対戦できる機会もきっと増えてくることだろう。このような機会に胸を借りるつもりで対戦を挑み、第一線で活躍するプロeスポーツ選手の強さを体感してみてはいかがだろうか。