ログイン

【iPad】iCloudでiPhone / iPadからデータを移行する方法

■対象OSバージョン:iOS 10(iOS 9以前はこちら

iPadのデータをiCloudにバックアップしておくと、新しいiPadへ機種変更した場合や、何らかのトラブルによりデータが消えてしまった場合などにも、iCloudにバックアップしていたデータを復元することができます。
iPadをご利用で、新しいiPadへ機種変更を行う場合は、機種変更前にiCloudへデータをバックアップし、以下の方法でデータを復元します。
※auショップ店頭ではiCloudへのデータ移行はできません。

バックアップを行う前にご確認ください

【注意事項】iPadへ復元を行う前に以下の内容をご確認ください
1.復元にはiCloudへの事前のデータバックアップが必要です。必ず事前にiCloudでバックアップを実施してから本手順を行ってください。
(iCloudへのバックアップ方法はこちら
2.iCloudにバックアップできるデータの種類については、こちらをご参照ください。
3.バックアップするデータの容量によっては、iCloudのストレージ容量が足りなくなる場合があります。
 その場合は、こちらの手順に従ってストレージをアップグレードしてください(所定の月額料金がかかります)。
4.iCloudに保存したデータを復元する場合は、Wi-Fiネットワークに接続する必要があります。
5.バックアップ後に新しく増えたデータがある場合は、移行されませんので注意ください。
6.一連の作業は電源ケーブルを接続した状態で行なうことをおすすめします。

操作方法

iPadを初期化する

現在使用しているiPadのデータや設定を、iCloudにバックアップされている内容に移行したい場合には、まずiPadを初期化する必要があります。
※機種変更後等、初めてiPadを起動する場合には、こちらの手順から操作してください。


1ホーム画面より、「設定」をタップします。


2「一般」項目より、スクロールし、最下部の「リセット」をタップします。


3「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

ご参考

パスコードを設定している場合はパスコードの入力が必要です。
※こちらの画面は6桁の数字のパスコードを設定していた場合の画面です。


4「消去」をタップします。


6再度「消去」をタップします。


7Apple IDのパスワードを入力し、「消去」をタップします。
これで、iPadのデータや設定がすべて消去され、再起動します。
再起動後は、次の手順から操作してください。
※この画面は設定状況により表示されない場合があります。


iPadの初期設定とiCloudバックアップデータの移行

iPadのデータを削除した場合や、新しいiPadへ機種変更した場合には、まずiPadの初期設定を行った後に、iCloudにバックアップしたデータを書き戻します。

8iPadが起動したら、ホームボタンを押してロックを解除します。


9iPadで使用する言語を設定します。
「日本語」をタップします。


10使用する国や地域を設定します。
「日本」をタップします。


11使用したいキーボードにチェックを入れて、画面右上の「次へ」をタップします。


12利用するWi-Fiネットワークをタップして選択します。
※au Wi-Fi SPOTのエリア内の場合、自動的にWi-Fi接続されます。
※Wi-Fiネットワークを利用できない場合は、「モバイルデータ通信回線を使用」をタップして設定をすることもできますが、 iCloudバックアップから復元する為には、Wi-Fiネットワークへの接続が必須です。


13Wi-Fiネットワークのパスワードを入力し、「接続」をタップします。


14位置情報サービスの オン / オフ を選択し、タップします。
※「iPadを探す」等、位置情報サービスを利用した機能を使う場合は、オンにします。

オフにする場合の確認画面

「OK」をタップします。


15Touch IDの設定画面です。
Touch IDを設定する場合は本体の画面側下部にある「ホームボタン」に指先を当てます。
そのまま画面の指示に従って、ホームボタンに指を当てて離す動作を繰り返し、指紋を認識させます。

Touch IDを設定しない場合は、「Touch IDを後で設定」をタップします。

「Touch IDを後で設定」をタップした場合の確認画面

「続ける」をタップします。

Touch ID とは

Touch ID とは指紋認証センサーの事で、設定しておくとホームボタンに触れるだけでiPadのロックの解除や iTunes Store、 App Store、 iBook Storeでのお買いものの決済ができるようになります。

16-1iPadの画面ロック解除などに使用するパスコードを、数字6桁で設定します。

数字6桁以外を設定したい、もしくはパスコードを設定しない場合

①「パスコードオプション」をタップします。


②「カスタムの英数字コード」「カスタムの数字コード」「4桁の数字コード」「パスコードを追加しない」より選択し、画面に従って設定してください。
※Touch ID を設定した場合、パスコードの設定は必須です。


16-2確認のため再度入力します。


17「iCloudバックアップから復元」をタップします。
※パスコードを設定しなかった場合は、再度「Touch ID」、「パスコード」の設定画面が表示されます。


18Apple IDとして設定したメールアドレス、およびApple IDのパスワードを入力し、画面右上の「次へ」をタップします。


192ファクタ認証の設定画面です。
2ファクタ認証の設定はデータ移行後も可能なため、ここでは「2ファクタ認証を使用しない」を選択します。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。


20利用規約をご確認の上、画面右下の「同意する」をタップします。


21画面が切り替わるまでしばらくお待ちください。


22iCloudに保存されているバックアップの一覧が表示されます。
端末とバックアップ日時を確認し、復元したいバックアップデータをタップします。

ご参考

バックアップを作成したApple IDとは別のIDでインストールしたアプリデータがバックアップデータに含まれる場合は、以下の画面が表示されます。
表示されているApple IDのパスワードを入力し、「次へ」をタップします。


23バックアップデータの復元が開始されます。
復元完了までしばらくお待ちください。


24復元が完了しました。
ホームボタンを押してロックを解除します。


25パスコードを設定している場合は、パスコードを入力します。
※この画面は6桁の数字のパスコードを設定していた場合の画面です。


26「続ける」をタップします。


27位置情報サービスの オン / オフ を選択し、タップします。
※「iPadを探す」等、位置情報サービスを利用した機能を使う場合は、オンにします。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。

オフにする場合の確認画面

「OK」をタップします。


28Touch IDの設定画面です。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。

Touch IDを設定する場合は本体の画面側下部にある「ホームボタン」に指先を当てます。
そのまま画面の指示に従って、ホームボタンに指を当てて離す動作を繰り返し、指紋を認識させます。

Touch IDを設定しない場合は、「Touch IDを後で設定」をタップします。

「Touch IDを後で設定」をタップした場合の確認画面

「続ける」をタップします。

Touch ID とは

Touch ID とは指紋認証センサーの事で、設定しておくとホームボタンに触れるだけでiPadのロックの解除や iTunes Store、 App Store、 iBook Storeでのお買いものの決済ができるようになります。

29-1iPadの画面ロック解除などに使用するパスコードを、数字6桁で設定します。
※設定済みの場合は表示されません。

数字6桁以外を設定したい、もしくはパスコードを設定しない場合

①「パスコードオプション」をタップします。


②「カスタムの英数字コード」「カスタムの数字コード」「4桁の数字コード」「パスコードを追加しない」より選択し、画面に従って設定してください。
※Touch ID を設定した場合、パスコードの設定は必須です。


29-2確認のため再度入力します。


30Apple IDのパスワードを入力し、画面右上の「次へ」をタップします。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。


31画面が切り替わるまでしばらくお待ちください。


32「iCloudキーチェーン」を使用するかどうかを選択します。
iCloudキーチェーンの設定はいつでも行えるため、ここでは「iCloudキーチェーンを使用しない」をタップします。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。

iCloudキーチェーンとは?

iCloudキーチェーンには、iCloudで保存するWebサイトユーザ名、パスワード、クレジットカードの番号と有効期限が保存され、お客さまが承認した全てのiOS7以降のデバイスとMac(OS X Mavericks以降)との間でそれらが最新の状態に保持されます。
iCloudキーチェーンの設定は、アクティベーション完了後に、以下の操作でいつでも可能です。
<設定方法>
「設定」→「iCloud」→「iCloud Drive」→「キーチェーン」をオンにする


33Siriの設定を行う場合は「Siriをオンにする」を、Siriの設定を行わない場合や後で設定したい場合は「Siriを後で設定する」をタップします。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。


34診断データと使用状況データを送信するかを選択します。
「Appleに送信」または「送信しない」をタップします。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。


35Appデベロッパと共有するかしないかを選択します。
「Appデベロッパと共有」または「共有しない」をタップします。
※この画面は設定状況により、表示されない場合があります。


36「さあ、はじめよう!」をタップすると、完了です。

ログインすると、ポイントの有効期限やあなたへのお知らせが確認できます。

ログイン

閉じる

お客様情報