ログイン

【iPhone/iPad】iTunesでパソコンにデータを保存する

「iPhoneからiPhoneへの機種変更」や「iPhoneの紛失・故障に備えて」バックアップをします。
※ 本手順に記載のないエラーについてはAppleサポートページ をご確認ください。

このページではiTunes(パソコン)へのバックアップ方法をご説明します。
iCloudにバックアップする方法はこちら

事前準備(iPhoneをパソコンにつなぐ前に必ずご確認ください)

①iTunesを最新バージョンにアップデート

Windows
iTunesヘルプ更新プログラムを確認 → 画面にしたがって更新プログラムをダウンロード・インストールします。


Mac
App Store を開き アップデートソフトウェア・アップデート → 画面にしたがってiTunesをアップデートします。




※iTunesをインストールしていない場合はこちら


②自動同期をオフにする

データの消失や重複を防ぐため、自動的に同期をオフにします。

1iTunesの「環境設定」を開きます。
Windows:編集環境設定(設定)
Mac:iTunes環境設定


2設定 のウィンドウで以下の設定をします。
デバイス のタブを開く
・「iPod、iPhone、および iPod を自動的に同期しない」にチェックを入れる
OKを押す


③最新のiOSにアップデート

どちらかの方法でiOSをアップデートします。

Wi-Fi接続でiPhoneから
iPhoneの 設定 → 一般 → ソフトウェアアップデート ▼詳しい操作方法はこちら


iTunesから
・iPhoneを接続し「iPhone」をクリック
・「更新」または「更新プログラムの確認」をクリック
※Macでは「アップデート」または「アップデートを確認」と表示されます。


④iPhone 4S/5/5S/5c・iPad 4/Air/mini/mini2をご利用の方
2014年4月以前に購入したiPhoneをご利用の方は、連絡帳などのデータが消える可能性があります。
以下の点をご確認ください。

「設定」→「アカウントとパスワード」(iOSが古い場合は「メール」「メール/連絡先/カレンダー」)を開きます。
アカウント欄に「◎Eメール」や「■Eメール」と記載されていた場合は、データが一部バックアップ出来ません。
下記の回避方法をご確認ください。

連絡帳カレンダーのバックアップをするには
データお預かりアプリで「アドレス帳」と「カレンダー」をバックアップすることで、連絡帳とカレンダーのデータの損失を回避できます。
▼データお預かりアプリのバックアップ手順はこちら


リマインダーのバックアップをするには
リマインダーのデータで、メールサーバーに保存されているものはバックアップできません。
タスクを1つずつiCloudのリストへ移動します。
▼操作方法はこちら


パソコンにiPhoneを接続

1パソコンでiTunesを開きます。


2パソコンとiPhoneを付属のUSBケーブルで接続します。


「このコンピューターが"iPhone"上の情報にアクセスするのを許可しますか?」と表示された場合。

以下の表示が出たときは「続ける」をクリックします。
iPhone

続いて、iPhoneで「信頼」をタップし、パスコードを入力します。

iPhone iPhone

3iPhone を接続すると、メニューバーの下に「iPhone」が表示されます。
このマークをクリックします。


※「新しいiPhoneへようこそ」と表示された場合は、「新しいiPhoneとして設定」にチェックを入れ「続ける」をクリックします。


購入した項目を転送(iTunes Storeで買ったアプリや音楽など)

・iTunes Store および App Store から入手したコンテンツ
・iBooks に直接ダウンロードした PDF

上記のデータをバックアップするために「コンピューターを認証」してから「購入した項目を転送」します。

コンピューターを認証

4メニューバーから アカウント (→ 認証) → このコンピューターを認証 をクリックします。


5Apple IDとパスワードを入力します。

画面の指示に従って操作を続けてください。


購入した項目を転送

6メニューバーから ファイル → デバイス → 購入した項目を~~から転送 をクリックします。

画面の指示に従って操作を続けてください。


ご注意ください。

機種変更の場合、アプリによっては「引き継ぎ設定」が必要な場合があります。
ゲームやコミュニケーションアプリをご利用の場合は特にご注意ください。
アプリ内での操作が必要ですので、方法は各提供会社へお問い合わせください。


本体データのバックアップ

7「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを付けます。

▼暗号化のメリットと注意点

暗号化をすることで、以下のデータをバックアップできるようになります。
・アクティビティ(Wi-Fi設定 / Webサイトの履歴 など)
・キーチェーン(保存したパスワード など)
・ヘルスケア

ただし、暗号化を選択したときに設定したパスワードを忘れると、復元できなくなるので十分にご注意ください。
▼暗号化しない場合はこちら。

※暗号化についての詳細は Apple サポートページ をご確認ください。


※チェック済みの場合は下記の説明のように「今すぐバックアップ」をクリックします。

「暗号化しない」または「暗号化設定済み」の場合

「今すぐバックアップ」をクリックします。

▼手順9に進みます。


8「パスワード」を2回入力し、「パスワードを設定」をクリックします。

設定したパスワードを忘れると、復元できなくなります。
メモに書き残すなど絶対に忘れないようにしてください。


9バックアップが開始されます。しばらくお待ちください。


10画面上のステータスバーがアップルマークに変わり、最新のバックアップに現在の日時が表示されたら、バックアップ完了です


ご参考 バックアップの確認

バックアップの確認は以下の手順で確認できます。
Windows:編集環境設定(設定)→ デバイス
Mac:iTunes環境設定デバイス
「デバイスのバックアップ」欄にiPhoneの名前とバックアップ日時が表示されます。


iPhoneを取り外す

11デバイス名の右側にある「長方形の上に三角形が重なったマーク 」を選択します。


12iPhoneマーク 」が消えました。この状態でiPhoneをパソコンから取り外します。



バックアップの手順は以上です。お疲れ様でした。
バックアップの復元方法・機種変更後のデータ移行方法はこちらをご確認ください。
▼iTunesでアドレス帳やデータを復元する

注意事項

機種変更前の端末のリセット(データの初期化)を行う場合は、データ移行完了後、機種変更後の端末にデータが移行されていることをご確認の上、操作を行ってください。

ログインすると、ポイントの有効期限やあなたへのお知らせが確認できます。

ログイン

閉じる

お客様情報