ログイン

経営目標

株主・投資家の皆さまへ

株主、投資家の皆さまにおかれましては、益々ご清栄のこととおよろこび申し上げます。平素は当社事業に格別のご理解とご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、ここに第27期 (2017年4月1日から2018年3月31日まで) の事業の概況などの報告を兼ねてご挨拶申し上げます。

さて、ここに第29期 (2019年4月1日から2020年3月31日まで) の事業の概況などの報告を兼ねてご挨拶申し上げます。

当該事業年度におきましては、連結での営業収益が680億51百万円 (前期比1.5%増)、営業利益が139億66百万円 (前期比7.9%増)、当期純利益が98億74百円 (前期比5.9%増) と増収増益となり、過去最高益を更新することができました。

また、当社の中核である3つの事業おいても順調に事業基盤を拡大することができました。

1つ目の「au」「UQ」のブランドで展開するモバイル事業につきましては、市場環境が厳しい中でも皆さまのご支持に支えられ、3月末には総契約数が72万6,900契約 (前期比2.5%増) まで伸びました。

2つ目の 「auひかりちゅら」、「ひかりゆいまーる」が中心のFTTH事業につきましては、先島でのひかりゆいまーるエリア拡大などを受け、好調に獲得が伸びました。3月末には10万2,800回線 (前期比7.9%増) となり、節目となる10万回線を突破いたしました。

また、3つ目のライフデザイン事業として2019年11月からサービスを開始したauでんきに関しましても3月末には18,500契約と好調に推移致しました。

今後も引き続き高い収益性と安定した事業基盤を維持し、株主や投資家の皆さまにとっても魅力ある企業となるよう邁進してまいりますので、何卒変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月

1. 経営目標

当社は、増収、増益、連続増配の3増プラス、配当性向40%超を経営目標としております。

2020年度の業績は、営業収益700億円、営業利益140億円を予想しており、達成されれば9期連続の増収増益をとなります。また、1株あたりの配当金は、年間154円を予想しており、予想通りになれば20期連続の増配で配当性向は42.5%となります。

2020年度も大変厳しい環境でございますが、今まで通り経営目標の達成に向けて努力していきたいと考えております。

2. 対処すべき課題

当社を取り巻く環境は、新規通信事業者の参入や電気通信事業法の改正等により、競争が激化しております。また、通信各社が5Gサービスをスタートさせたことで、あらゆる機器が通信とつながるなど新たな時代に向けての変化が始まっています。

そのような環境のもと当社は、沖縄県において約5割のシェアを持つモバイル事業、約3割のシェアのFTTH事業を基盤とし、地元沖縄電力と協働しご提供しているauでんきなどの非通信事業を組み合わせた総合力でお客様のニーズに応えてまいります。

また、運用を開始した海底ケーブルや2021年度に竣工予定のオフィスビル・データセンターなどの新たな成長分野にも積極的に取り組み、収益拡大に取り組んで参ります。

今後も他社との競争は勿論のこと、新型コロナウイルス感染症のような経営環境の変化にも迅速に対応し、経営目標としている「3増(増収・増益・連続増配)と配当性向40%超」を目指すとともに、「地元に全力!」のキャッチフレーズのもと、地域に密着した事業活動を展開し、地域社会の更なる発展に貢献してまいります。

2020年4月

個人のお客さま
スマートフォン・携帯電話
auひかり ちゅら
沖縄セルラー限定
ポイント・決済
auでんき
エンタメ
ショッピング
UQモバイル
法人のお客さま
企業・IR情報
沖縄セルラーについて
地元に全力活動(CSR)
投資家情報
採用情報
My au
サポート