閉じる

お客様情報

ログイン

沖縄セルラー子ども基金

1. 設立の背景

沖縄県が実施した平成27年度の貧困調査において、沖縄県の子どもの貧困率は29.9%、全国の1.8倍、子どもの3人に1人が貧困状態で暮らしていることが明らかになり、県は平成28年3月に「子どもの貧困対策計画」を策定し、現在貧困対策に取組んでいます。

沖縄セルラーも地元企業として、基金を立ち上げ、貧困解消と子供たちの未来を支援しています。

2. 基金の事業概要

沖縄セルラーグループの収益の一部を財源とする「沖縄セルラー子ども基金」を設立し、県内の子ども支援を行う団体へ寄付を実施します。

寄付先の選定については、公平性を保つため、当社役員と外部有識者で構成する選考委員会を発足し委員会で決定しています。

3.選考委員会の構成

沖縄セルラー役員 3名

外部有識者    3名 

計6名で構成しています。

与那覇実(公益社団法人沖縄県青少年育成県民会議 会長)

山内優子(沖縄子どもの貧困解消ネットワーク 共同代表 )

小那覇涼子(沖縄県マザーズスクエアゆいはーと 統括責任者)