閉じる

お客様情報 ご利用中の機種

ログイン

mamorino4 スペック&サービス

マモリーノ フォー

ご注意

学校への持ち込みについては学校へ事前にご確認ください。

メーカー名 ZTE Corporation

基本スペック
サイズ 約56 × 99 × 15.5mm
重量 約105g
バッテリー容量 1,200mAh
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
※1
約530分
連続待受時間
(日本国内使用時)
※1
4G LTEエリア:約300時間
充電時間 共通ACアダプタ05:約140分
電池パック取り外し
外部メモリ 推奨最大容量 ※2
内蔵メモリ容量 (RAM) ※3 512MB
内蔵メモリ容量 (ROM) ※3 4GB
アドレス帳登録件数 50件 (注1)
メッセージ(SMS)保存件数 最大500件 (注1)
定型文登録件数 最大30件 (注1)
ディスプレイ(画面)タイプ TFT
画面サイズ 約2.8インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約26万色
防水 ※4 IPX5/IPX7 (注2)
防塵 ※4 IP5X (注3)
au ICカード au Nano IC Card 04 LE (注4)

  1. 連続通話時間および連続待受時間は、電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用可能時間です。
    実際にお客さまが使用できる時間は、通話の時間、回数、メール作成の時間、メール送受信回数、インターネット・各種アプリケーションの使用状況・ネットワークの状況などのさまざまな条件により大きく変動します。
  2. 当社基準において動作確認した数値です。一部機種では、セキュア対応外部メモリーカードを利用して外部保存許容の著作権データの移行が可能です。使用するメモリーカードのメーカーにより、記載の容量のカードでも対応しない場合があります。
  3. アプリやデータなどの保存にすべての容量を使用することはできません。
  4. カード挿入口カバーまたはキャップがある機種はしっかりと閉じ、電池フタが着脱可能な機種は確実に取り付けてください。海水・プール・温泉の中に浸けないでください。砂浜などの上に置かないでください。

  1. 本体メモリの空容量により件数は異なります。
  2. IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5ℓ/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての機能を保ちます。
  3. IP5X:防塵試験管内で電話機を8時間かくはんした際に、試験用粉塵(直径75µm以下)が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。
  4. mamorino4はSIMロック解除に対応していません。SIMカード・SIMロック解除については

    こちら

通信
au VoLTE (注5)
最大通信速度
受信最大/送信最大(Mbps)
※5
ジュニアケータイプランご加入時:128Kbps (注6) (注7)
Bluetooth® Ver.4.0
赤外線通信

  1. 最大通信速度は、エリアや通信規格により異なります。詳しくはエリアマップでご確認ください。

    サービスエリア


  1. au VoLTE対応機種同士(auの4G LTEエリア内)の場合、高音質通話となります。その他の場合は、従来の音質相当での通話となります。
    au VoLTE対応機種は、日本国内において3G通信はご利用いただけません。
  2. 本機種は3G通信できません。
  3. その他料金プランご加入時、受信最大75Mbps/送信最大25Mbps

  • 上記の通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。
その他
防犯ブザー
バイリンガル機能
au世界サービス
GPS
おサイフケータイ®
緊急速報メール
+メッセージ ※6
SMS (Cメール)
auメール

  1. 「+メッセージ」のご利用にはSMSアプリのアップデートが必要な場合があります。詳しくは下記をご確認ください。

    +メッセージ


※ 製品仕様などは予告なく変更することがあります。

同梱品 背面カバー取り外し用工具(試供品)、背面カバー止めネジ(試供品)

  • 充電には、別途共通ACアダプタの購入が必要です。

電波の比吸収率(SAR値):頭部 0.91W/Kg
電波の比吸収率(SAR値):身体 0.95W/Kg

au電話の比吸収率(SAR)について