ログイン

「おもいでケータイ再起動」、映画「コーヒーが冷めないうちに」とコラボして、「夏サカス2018」にかけつけます!

~ケータイに残っているあなたの思い出を再起動してプリントアウト~

  • LINEで送る

2018年8月20日

KDDI株式会社

KDDIは、全国の東宝系で2018年9月21日より公開される映画「コーヒーが冷めないうちに」とコラボし、東京放送ホールディングス(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長 佐々木 卓)が赤坂サカスを中心に開催する「夏サカス 2018」にかけつけ、期間限定で「おもいでケータイ再起動」イベント(以下 本イベント)を開催します。

おもいでケータイ再起動、映画「コーヒーが冷めないうちに」とコラボ
おもいでケータイ再起動、映画「コーヒーが冷めないうちに」とコラボ

フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」は、充電が無くなったままにしておくと、電池が放電し、電源が入らなくなり、再起動するためには専用の機器「バッテリーテスター」が必要な状態となります。

2018年8月24日から2018年8月26日の期間限定で、「夏サカス2018」の会場内に「バッテリーテスター」を設置し、お持ちいただいた過去に使っていた携帯電話(注1)を充電・再起動し(注2)、お客さまの思い出の写真をプリントして、専用フォトフレームと共にお渡しします。

本イベントはau以外の携帯電話をご利用中のお客さまや、au以外の携帯電話をご持参いただいたお客さまにもご参加いただけます。

イメージ1
イメージ2
イメージ3

映画「コーヒーが冷めないうちに」は、店内の“ある席”に座ると自分の望んだとおりの時間に戻る事のできる不思議な喫茶店を舞台にした物語。本屋大賞にもノミネートされ、”4回泣ける”と話題のベストセラー小説が主演・有村架純、その他豪華キャスト&スタッフで遂に映画化されました!喫茶店の“ある席“に座り、コーヒーを飲むと”自分の戻りたい過去”に戻ることができるように、携帯電話を再起動して、“あなたがもう一度見たい懐かしいあの頃”に戻ってみませんか。この機会に、皆さまの「おもいでケータイ」を持って「夏サカス2018」にご来場ください。

1.イベント概要

本イベントは、2017年8月にau NAGOYAで第一弾を開催して以降、au SENDAIでの第二弾、au FUKUOKAでの第三弾、au NAHAでの第四弾を通して、のべ1,000名以上のお客さまに参加いただいています。また、「浅間国際フォトフェスティバル」、ららぽーとで開催される「90's REVIVAL FASHION FES」にも出展を予定しています。

いつでも持ち歩いていた昔のケータイには、もう一度見たかった家族や友達、ペットの写真、メール、留守電のメッセージなど、色々な思い出が詰まっています。参加されたお客さまからは「このケータイにしか残っていない家族の写真がもう一度見られて嬉しかった!」、「昔の写真を見て、楽しかった学生時代に一気に戻れて当時の友達に連絡してみたくなった!」など、喜びの声をいただきました。

このたび、「さまざまな場所でも実施して欲しい」というお客さまの声から、「KDDI直営店以外のイベントにかけつけ」という形での開催となります。なお、本イベントは今後も全国のその他KDDI直営店、他イベント会場でも順次開催予定です。

(1)イベント開催日時

2018年8月24日から2018年8月26日 12:00~18:00まで

(2)イベント開催場所

赤坂サカス パビリオン内

(3)参加方法について

どなたでも無料で参加いただけます。当日会場にご自身の携帯電話(注1)をお持ちください。
※事前申し込み受付はありません。

さらに、古いケータイのリサイクル回収も実施予定ですので、不要なケータイは、キャリア・メーカーを問わず回収し、リサイクルさせていただきます。

2.「おもいでケータイ再起動」について

携帯電話は一定期間充電していないと電池の完全放電や過放電により充電不可や、充電器の認識不可となる場合があるため、携帯電話を再起動するには、電池毎に最適な充電が行える専用機器「バッテリーテスター」が必要になります。

本イベントでは、会場に「バッテリーテスター」を設置し、お客さまの「おもいでケータイ再起動」をサポートします。充電不可となった携帯電話を充電・再起動することで(注2)、お客さまが再び見ることを諦めていた懐かしい写真をプリントして専用フォトフレームに入れてお渡しします。

<専用フォトフレーム>

<専用フォトフレーム>

<バッテリーテスター>

<バッテリーテスター>

3.「おもいでケータイ再起動」今後の開催予定

以下のKDDI直営店で開催予定です。(2018年8月20日時点)

18年秋頃予定 au OSAKA

(大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ナレッジキャピタル3階 最寄駅:JR大阪駅)

18年冬頃予定 au SAPPORO

(北海道札幌市北区北6条西2丁目 パセオセンターB1階 最寄駅:JR札幌駅、南北線さっぽろ駅、東豊線さっぽろ駅)

19年春頃予定 au SHINJUKU

(東京都新宿区新宿3丁目25-1 最寄駅:JR新宿駅)

■参考

KDDI運営のお役立ちデジタル情報マガジン「TIME&SPACE (タイムアンドスペース)」では、TIME&SPACE読者を対象に「おもいでケータイ 携帯電話に関するアンケート」を実施しました。その結果、多くの方が今も保管している携帯電話の中に写真やメールが残っているものの電源が入らない、ということが分かりました。本イベントではそういったお困りのお客さまへ、携帯電話を再起動し、写真をプリントしてお渡しすることで思い出を懐かしんでいただける特別な体験をご提供します。

<おもな調査結果>

  • 9割がむかし使っていたケータイ電話を「まだ持っている」
  • 持っている理由は、4割以上が「写真やメールが残っているから」
  • 電源が入るのは約4割
イメージ
イメージ
イメージ
  1. スマートフォンは対象外です。
  2. 機種、端末の状態により充電・再起動ができない場合があります。

記事に記載された情報は、掲載日現在のものです。

商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

商品・サービス
スマートフォン・携帯電話
インターネット回線
au HOME
エンタメ
ショッピング
ポイント・決済
auでんき
auのほけん・ローン・iDeCo
サポート
My au