ログイン

「三太郎トンネル」における携帯電話のエリア化を実施

  • LINEで送る

2017年7月14日

KDDI株式会社

KDDIは、2017年7月14日より、「三太郎トンネル」 (鹿児島県奄美市) における4G LTEのエリア化を実施しますのでお知らせします。

「三太郎トンネル」は、1989年3月に竣工した鹿児島県奄美市住用町に跨る三太郎峠を貫く国道58号線にある全長2027メートルのトンネルです。「三太郎トンネル」の名前の由来は、安政5年 (1858年) 川辺町田部田の農家の次男として生まれた畠中三太郎からきていると言われています。少年の頃から家業である農業の手伝いをしながら、農業に関する十分な知識と技術を備えていた三太郎は、30代の頃に農業技術指導員として奄美に赴任し地域の活性化に貢献しました。 (注1)

エリア化を担当したKDDI株式会社 福岡エンジニアリングセンター 伏見 正則は次のように述べています。「三太郎トンネルは、奄美空港からマングローブ原生林や加計呂麻島などへのアクセス動線である国道58号線のちょうど中間地点に存在し、地元の人だけでなく観光客にとっても重要な場所をつなぐトンネルです。今後も、明治時代に茶畑づくりやシイタケ栽培、杉育苗、木炭製造などさまざま農業技術指導員として開墾に精を出した畠中三太郎のように、奄美群島のみならず、全国の観光地スポットなどエリア化対策を進めてまいります。」

KDDIは、ブランドメッセージとして「あたらしい自由」を掲げており、既成概念にとらわれず、それを打ち破り超えていきたいという想いを込めたCMシリーズ「三太郎」を2015年1月1日から提供しています。

また、CM総合研究所 (東京都港区 代表・関根心太郎) より、2016年度 (2015年11月度~2016年10月度) のCM好感度No.1ブランドとして「BRAND OF THE YEAR 2016」に選出されています。 (注2)

なお、2017年8月20日に、鹿児島県奄美市で開催される「三太郎祭り」において、auの三太郎スペシャルページで提供している「三太郎音頭 (注3) 」が踊られる予定です。

  1. 出典:前橋松造著「奄美の森に生きた人 柳田国男が訪ねた峠の主人・畠中三太郎」より。
  2. 「"三太郎"シリーズ」のauが2年連続受賞! 2016年度CM好感度No.1銘柄に選出 (2016年12月14日)
  3. 【au】三太郎スペシャルページ 「三太郎音頭」

【参考】 富士山の山頂や北アルプス、屋久島など様々な場所にも電波を届けたい。そんな熱いゲンバダマシイをご紹介しています。

記事に記載された情報は、掲載日現在のものです。

商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ログインすると、ポイントの有効期限やあなたへのお知らせが確認できます。

ログイン

閉じる

お客様情報