ログイン

国内通信事業者初!複数人参加型次世代VRコンテンツを「東京ゲームショウ2016」に出展
~セガの名作ダンスゲーム「スペースチャンネル5」が15年ぶりにVRで復活、特別参加!伝説のリポーター「うらら」のリポートショーを応援しながら観覧しよう!~

2016年9月5日

KDDI株式会社
沖縄セルラー電話株式会社

KDDIは、国内通信事業者で初(注)となる、通信を活用した複数人参加型のVRデモコンテンツ「Linked-door loves Space Channel 5」(リンクトドア ラブズ スペースチャンネル ファイブ)を「東京ゲームショウ2016」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社、会場:幕張メッセ)に出展します。

「Linked-door loves Space Channel 5」では、VR空間内で他のユーザーと出会い、一緒に歩きながら音声で会話したり、ダーツで遊んだりするといったコミュニケーションをご体験いただけます。さらに、今回のコンテンツの最後には、セガ(現・セガゲームス)より約15年前に発売されたダンスと音楽を題材にしたゲーム「スペースチャンネル5」の世界の中をVRで楽しめるデモ版をご体験いただけます。スペースポートを舞台に「スペースチャンネル5」の主人公で局のリポーター「うらら」が謎の宇宙人「モロ星人」と戦い、踊らされた人々を救出するリポートショーの現場を目の前で観覧しながら、一緒に応援して楽しむことができます。

「Linked-door loves Space Channel 5」画面イメージの画像

「Linked-door loves Space Channel 5」画面イメージ (画面は開発中のものです)

  • 「Linked-door loves Space Channel 5」イメージイラストの画像

    「Linked-door loves Space Channel 5」イメージイラスト

  • 「スペースチャンネル5」の主人公「うらら」の画像

    「スペースチャンネル5」の主人公「うらら」

デモンストレーションは、VRシステム「HTC VIVE」を利用し、2016年9月15日~2016年9月18日の間、東京ゲームショウ2016会場のVRコーナー内HTCブースにて行います。また、リアルタイム動画合成技術の活用により、体験内容をブース内に設置した大型モニターディスプレイでご覧いただくことが可能です。

VR(Virtual Reality)は、仮想空間内であたかも現実世界のような臨場感が体験できるほか、これまでの電話、ビデオチャット、メール、SNSなどのコミュニケーションを超えて、感情や気持ちをより自由で楽しく表現できる次世代コミュニケーションツールとして期待されています。
KDDIは通信事業者として早期よりVRを活用した未来のコミュニケーションの可能性の追求に取り組んでおり、今後も新たな体験価値の提供を目指し取り組んでいきます。

  • 注)複数人が同時に参加できるVRコンテンツの公開は国内通信事業者初。KDDI調べ。

デモ実施スケジュール

■一般公開

2016年9月17日(土)10:00~13:00
2016年9月18日(日)10:00~13:00

  • ※一般公開日の整理券配布は、Hall 8側の整理券配布所にて先着順となります。
  • ※スケジュールは変更となる場合がありますので、下記出展情報紹介サイトにて必ずご確認ください。
  • ※13歳未満のお子さまはご体験いただけません。13歳以上の未成年であっても、長時間の使用は平衡感覚の喪失や情報処理能力に支障をもたらす場合がありますので、使用時とその後の体調管理について十分に気をつけてください。その他注意事項詳細については下記出展情報紹介サイトにて必ずご確認ください。

出展情報紹介サイト

http://innovation.kddi.com/tgs2016/

協力会社

株式会社モノビット
グランディング株式会社

  • ※モノビット社のリアルタイム通信エンジンを採用し、VR空間内でのマルチコミュニケーションを実現。
  • ※「HTC VIVE」はHTC Corporationの商標または商標登録です。
    Space Channel 5 : ©SEGA
    本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

システム構成イメージ

システム構成イメージの画像

  • リアルタイム通信エンジンを利用し、異なる場所から同一VR空間内でのマルチコミュニケーションを実現。各体者のルームスケール内での立ち位置、振る舞い、音声会話などの情報をリアルタイムで処理。
    (今回の出展におけるサーバー機能はブース内のローカルエリアネットワーク上で稼動。機器間の接続はLANケーブルを利用。)
  • 今回の出展では体験者用ルームスケールスペースとして2面利用し、体験者2名+ガイド役1名の合計3名でのVRコミュニケーションデモを実施。

ログインすると、ポイントの有効期限やあなたへのお知らせが確認できます。

ログイン

閉じる

お客様情報