閉じる

お客様情報

ログイン

借り換えって大変なの?住宅ローン借り換えの流れを徹底解説

借り換えって大変なの?住宅ローン借り換えの流れを徹底解説

住宅ローンの返済をされている方は、住宅ローンを借り換えるだけで、お金を節約できるかもしれません。au住宅ローンのホームページから、シミュレーションしてみましょう!

au住宅ローンの借り換え、メリット・デメリットは?

お母さん

お隣さんがau住宅ローンの借り換えで、節約できたらしいわよ。 auの携帯電話とのセット割もあるし、私たちも借り換えのタイミングかしら?

お父さん

それは魅力的だね。 でも、今じゃなくてもいいんじゃないの?

TIPS

みんなの借り換えタイミングを見てみよう

住宅ローン金利の低下で、借り換えをする人が増えています。住宅金融支援機構が実施した「2016年度民間住宅ローン借換の実態調査」によると、2016年4月から2017年3月までに住宅ローンの借り換えをした方には、次のような傾向がみられました。

  • 前回の借り入れから5年以内が最も多い
    借換までの経過年数グラフ
    • グラフは借り換え前の金利タイプが変動型のみの数値です
    借換までの経過年数グラフ

    借り換えまでの経過年数をみると、すべての金利タイプで経過期間「5年以下」が最も多く、早期に借り換える傾向がありました。

  • 年齢は40歳代が最も多い
    年齢層グラフ
    • グラフは借り換え前の金利タイプが変動型のみの数値です
    年齢層グラフ

    借り換えをした方の年齢をみると、すべての金利タイプで「40歳代」が最も多く、全期間固定型では「30歳代」も目立ちました。

  • 借入残高は「2,000万~3,000万円」が最も多い
    借換後融資額グラフ
    • グラフは借り換え前の金利タイプが変動型のみの数値です
    借換後融資額グラフ

    借り換え後の融資残高をみると、すべての金利タイプで「2,000万円~3,000万円」が最も多くなりました。

    • 住宅金融支援機構「2016年度民間住宅ローン借換の実態調査」調べ
お父さん

だけど、何回も銀行に行ったり、契約書や書類を郵送したり、手続きも大変そうだなぁ。

お母さん

au住宅ローンなら、申し込みから契約までネットで全部できて、来店は不要なんですって。
それに、手続きも簡単で、お申し込みから最短10日で契約できるみたいよ。

お父さん

それなら借り換えを検討してみようか。 どういう手続きが必要なのか調べてみよう。

6ステップで手続き簡単!au住宅ローン借り換えの流れ

  • 4
    本審査が完了したら、借り換えの手続きを始めよう

    住宅ローンの借り入れをしている金融機関に完済の申し出と完済に必要な金額を確認したら、借入金額や借入希望日、金利タイプなどをマイページから入力します。後日、最終確認のお電話をいたします。

    お母さん

    このタイミングで今の借り入れ機関に連絡を入れるのね

  • 5
    司法書士と面談をして最後の手続きをします

    住宅ローンの借り換えに必要な抵当権設定の手続きのため、じぶん銀行が選定した司法書士と面談をします。必要な書類は事前にご連絡しますので、面談時にご持参ください。

  • 6
    新たな借り入れで返済すれば、借り換えは完了です

    新たな借り入れでそれまでの住宅ローンを返済したら、借り換えは終了です。その後、借り入れ元の金融機関から受け取った「抵当権抹消書類」など書類を司法書士に渡せば、手続きはすべて完了します。

お母さん

銀行に行かなくても借り換えできるのは思ったより便利ね。

お父さん

前回のときには書類を用意したり、何回も銀行に出向いたりして大変だったからね。
借り換えのメリットもあるみたいだし、手続きの流れもわかったから、シミュレーションをしてみよう。

住宅ローン借り換えシミュレーション

シュミレーションのやり方について詳しくはこちら

 ※ シミュレーションページはじぶん銀行ウェブサイトへ移動します。

プランが決まっている方は今すぐお申し込み

au住宅ローンは、株式会社じぶん銀行が提供する一般のお客さま向け住宅ローンと同一です。本ホームページ上では「au住宅ローンセット割」が付帯する住宅ローン商品として「au住宅ローン」と表記しています。KDDI株式会社は、株式会社じぶん銀行を所属銀行とする銀行代理業者として「資金の貸付(住宅ローン)」を内容とする契約締結媒介を行います。